前田建設ファンタジー営業部2

前田建設ファンタジー営業部2



【第3回】締めて72億円也。マジンガーZ格納庫の見積書発表でブレーク!
2006/09/19
マンスリーレポートのコーナーでは、建設ITのキーパーソンに毎月、インタビューしていきます。9月は前田建設ファンタジー営業部の皆さんにご登場いただきます。数々の困難に直面したにもかかわらず、これまで3つのプロジェクトを完成させ、さらに第4弾の国際救助隊プロジェクトも、新しいJV体制で始めました。これだけ楽しんでできる仕事の秘密とは一体何なのかを探りました。

前田建設工業
経営管理本部総合企画部経営企画グループ
 課長 岩坂照之氏(写真中央)
経営管理本部総合企画部経営企画グループ
 課長 上田康浩氏(写真左)
建築本部建築部技術支援グループ
 主任 東間敬造氏(写真右)

●前田建設ファンタジー営業部のホームページ
   http://www.maeda.co.jp/fantasy/



―――本当に精魂を込めて、楽しんでできる仕事の要素が、このプロジェクトにはあると思うのですが。それは一体、何なんでしょうか。

岩坂 全く、自発的なんですね。上司からの指示が全くないという仕事は、会社にはなかなかありませんから。ビジョンから始めて、なにもかも自分たちで決める。会社には「リクルートにも効きます」と説明しつつ、30代男性が好きそうなマジンガーZを題材にする、という矛盾も含めて。

マジンガーZだと、「なぜ、光子力研究所の建物本体をやらないのか」ということをよく聞かれますが、形は特徴的だとはいえ普通のビルと同じ検討内容なのであまり面白さがないのです。その点、格納庫なら地下構造物や水槽があるし、しかも動くしという、普通は絶対に注文しないような構造物なので、選びました。

題材を選ぶポイントは、1.30代に知名度がある、2.だれでもわかる構造物である、3.著作権者に許可がもらえること、4.ぎりぎり前田建設の技術で実現できそうなもの、という条件でした。そのとき、銀河鉄道999の高架橋にも目をつけていたのですが。

こんな感じで、打ち合わせも楽しく、つらい連載の執筆にも耐えられました。


―――ほかに、楽しかったことは何ですか。

岩坂 メールですね。あれがすべてだったと言えるかもしれません。あと、社内でも同じくらいの年代の人から、なぜかエレベーターに乗ったとき、こっそりと「見てるよ」とささやくんです。どうして、こっそりなんだと思いますが。


―――それはイエイリ建設ITラボも同じです。なぜか、エレベーターでこっそり「見てるよ」なんですね。(笑)

岩坂 ある学校の先生からのメールで、「毎回、息子と見てます」なんていうのがありました。これは間違ったことは書けないなと、もう一度、計算し直したり。これはプレッシャーでもありますが、喜びでもありますね。

あと、10代とおぼしき若い女性から「本当にこんなことができるなんて、すばらしい会社ですネ」と、ハートマークがついているようなメールが来たりして。

上田 我々はBtoBの業界ですから、個人の方から意見をいただけるのは、とてもうれしいです。

―――ブレークするきっかけになったことは何ですか。

岩坂 2003年2月から月1回のペースで連載を始めて、8月に見積もりを発表しました。この金額が出たというのが、インパクトがあったみたいですね。

ある日の朝も、いつものように泣かず飛ばずのアクセスだろうな、と思いつつ、ログ解析の画面を見たら、いつもの10倍以上のアクセスになっていたわけです。それまでの1日分を1時間で稼いでいるような。

それで調べてみたら、あのヤフーさんが「今日のおすすめサイト」に選んでくれていたのです。それからは、ネットの威力のすごさを体験しましたね。爆発的であっという間でした。こんなにすごいのかと。

ブレークのきっかけとなった見積書(資料:前田建設工業)



―――ページビューとしてはどれくらい増えたのですか。

岩坂 以前はページビューで多くて1日に5000止まり。それがコンスタントに1万以上、3倍にはなってます。

その後、サブカルチャー系のニュースサイトに、2つか3つ、同時に載った日がありまして、とうとう、サーバーがダウンしてしまいました。総務部からポンポンポンポ~ンと、社内アナウンスがあって、「外部からホームページへのアクセスが集中して、ネットがつながりにくくなっています」と。

上田 まさか、ファンタジー営業部が原因だったとは思いませんでした。それから、社内的にも認知が広がった感じでした。「お前たち、なにやってるんだよ」、と笑いながら怒られました。

それもあって、会社のサーバーも増強されましたから。


―――メールも日に何通も来るのですか。

岩坂 1日にならすと1日1件未満です。連載がアップされたときなどに来ます。それよりも、他のサイトやブログで書かれることの方が多いですね。



―――メールの内容で多いのは。

岩坂 まず、リクエストですね。次はこの構造物を取り上げてほしいとか。特に宮崎駿さん関係の「ハウルの動く城」、「ガンダム」、「エヴァンゲリオン」が3大リクエストです。ただ、ウチの技術でできることが条件ですから、「飛ぶもの」は作れないのがつらいですね。

メールには、専門の係を配置して、必ず返事を書いています。「一番、身近に感じてもらえる建設会社」を目指してやっています。知らない会社にメールを出すというのは、大変、勇気がいることでしょう。

最近は本気で「御社に転職したい」とか「プロジェクトに入れてください」といったメールも来て、人事部に転送することもあります。ありがたいことです。

あと、同業他社から「こうなれば安くなりますよ」とか、ソフトウエア会社の方から「ソフトウエアはぜひ、当社に」とか広がりがあります。

【第4回】“マジンガーZ効果”は、広告費換算で1億円以上。国際救助隊も発進!
2006/09/25
マンスリーレポートのコーナーでは、建設ITのキーパーソンに毎月、インタビューしていきます。9月は前田建設ファンタジー営業部の皆さんにご登場いただきます。ユニークなプロジェクトの検討過程をWEBで見せるという前代未聞の試みは、BtoCマーケティングとしても効果を上げ、海外にも影響が広がっています。社内的にはどんな効果があったのでしょうか。

前田建設工業
経営管理本部総合企画部経営企画グループ
 課長 岩坂照之氏(写真中央)
経営管理本部総合企画部経営企画グループ
 課長 上田康浩氏(写真左)
建築本部建築部技術支援グループ
 主任 東間敬造氏(写真右)

●前田建設ファンタジー営業部のホームページ
   http://www.maeda.co.jp/fantasy/



―――ファンタジー営業部の今後の展開はどうですか。

岩坂 そんな同業他社や企業からのメールがあったこともあって、第4弾は毛色を変えて、「ロボットを中心とした国際救助隊」を作る構想の連載を始めています。

IRSというレスキューロボットを作っているNPOと当社のほか、飛行機を飛ばすために全日空さん、救助するマシンは建設機械が適しているということでコマツさん、それから「救助隊は制服が大事」という考えでオンワード樫山さん、これに前田製作所というメンバーです。

仮にビル・ゲイツのような大金持ちがお金を出すということになったら、民間としてどんな救助隊ができるのかを考えています。ちょうど昨日、今月分の原稿を書き終えて、げっそりしているところです。(笑)

上田 今回は前作と違って"華"はありませんが、防災関係者など、新しい読者の方に見に来ていただいています。そういう方からの意見がメールで来るようになっています。


―――建設業としてのブランド形成と言うだけでなく、建設業としてのCSR(社会的責任)という領域に踏み込んでいるんじゃないですか。

上田 まさに、第4弾はその通りです。災害が起これば、まず建設会社がいの一番に現場に駆けつけなければならない部隊ですね。建設機械やトイレなどを用意したり。我々がやっている社会貢献的なことをアピールする場として考えています。

ただ、自分たちがやっていることだけをアピールするのではなく、社会的に認めてもらうという意識で作っていきたいということになりました。

岩坂 というわけで、図らずも第4弾は違った意味でのプレッシャーがあります。


―――ファンタジー営業部の活動で、会社にとってはどんなメリットがありましたか。

岩坂 私が一番、得しているような気がするんですよね。建設会社に勤めていて、救急隊の人たちとガチンコで話をすることができるのも、全日空のキレイなキャビンアテンダントさんと一時間お話できるのも、ファンタジー営業部をやっていてこそですから。

全日空の格納庫で、飛行機がジャッキアップされているのを目の前で見ながら、国際救助隊の構想を考えるとか。

―――国際救助隊に参加している各企業は実名で登場するのですか。

岩坂 はい、各社にインタビューしにいくという形で出ています。そこが、前作と違ってリアルなところですね。

これまでのファンタジー営業部のルールに則り、「今の技術で可能なもの」という条件でやっています。飛行機にしても、実際にあるものをベースに考えています。今あるボーイングの飛行機で、半分は旅客機、半分は貨物機というのができるはずだ、というように改造も想定しています。

「全日空さんの予備機で行きましょう」と言ったら、「そんなにすぐには飛べません」と答えるので、「じゃ、買いますか」といった具合です。いや~、豪勢な話で、本当に面白いですよ。(笑)

現在連載中の第4弾「世界初、民間国際ロボット救助隊を創ろう編」では、救助隊が使用する飛行機の選定が行われている(画像:前田建設ファンタジー営業部のホームページより)



―――なるほど。

岩坂 こんな活動を通して、他の業界の人々と知り合いになれるのがすばらしいです。マジンガーZの版権を管理しているダイナミック企画さんの忘年会に呼ばれる建設会社って、他にはありませんよ。おもちゃメーカーなどばかりの中で「前田建設です」なんて言ったら、周りがザワザワしたりして。

スクエアエニックスやバンダイの人と話せたり、ポリフォニーデジタルさんといったゲームのCGを作っている会社に出入りしたり。

上田 全然違った異業種を知れるというのは、我々の活性化になりますね。

岩坂 東映アニメーションさんの受付に行くと、ドラゴンボールの看板しかないし。バンダイさんに行くとエレベータの声が「5階だヨ」とか、アニメキャラで話したりする。それをうけて社員の方が「となりのエレベータは仮面ライダーです」と、説明していただいたりとか。建設会社としてはこんなニーズもあるのかと、大変、勉強になります。


―――今回の異業種交流の中で、新しいビジネスが生まれそうな気配はありませんか。

岩坂 これからではないかと思います。今、ようやく各社がフランクに話せるようになりましたし、僕らの中でも企画やアイデアが出てきています。ぜひ、新ビジネスのチャンスが生まれるような方向に持っていきたいですね。

なにか仕掛けられるんじゃないかなという感じはありますね。思いつくのは、大きなコンセプトだったり、具体的な一商品だったりしますが。


―――前田建設の新しい収益事業になるかもしれませんね。

岩坂 だといいですね。

あと、事業と関係ないですが、マンガを使って何かを説明する方法というのを、学校の先生が評価してくれています。例えば、工業高校の先生が3次元CADを教えるのに、ありきたりの教材だとつまらないので、マンガに出てくるものを作るカリキュラムにしたいとか。

当社はもちろん、いいですが、著作権者に許可をもらってくださいよ、とは言ってますが。そんな動きが出てくるのもうれしかったですね。

これは教育の方法としてありだと思いますね。土木の仕事も、一般の生徒から見るとブラックボックスの面が多いですが、マンガに出てくる構造物を造るというテーマなら、興味をもってくれると思います。

あと、自動車レースのF1で、最近、「マスダンパー」の使用が禁止になったそうです。ある自動車マニアのブログで「私がマスダンパーを語れるのは、前田建設のホームページの説明を読んだからだ」というように説明していました。へぇー、こんな広がりもあるのかと感動しました。


―――ほかにインターネットならではのエピソードはありますか。

上田 韓国では「テッコンV」というマジンガーZの韓国版のような人気マンガがあります。このロボットそのものを作るプロジェクトを、科学雑誌で半年くらい連載しています。

我々にもインタビューをしにきてくださいましたよ。

―――ファンタジー営業部の広告効果としては、金額に換算するとどれくらいになるのでしょうか。

岩坂 最近はカウントしていないのでわからないのですが、始めてから1年で、計算すると1億円は軽く越えますね。それに対してかかった費用は、我々の給料を入れなければ100万円にもなりません。抜群の費用対効果を発揮しました。

やはり、このプロジェクトが成功したのは、人との出会いが大きかったです。あまり詳しいことは言えないですが、マジンガーZの原作者である漫画家の永井豪先生が、意気投合して、普通では考えられないような条件でキャラクターの使用をOKしてくれたり、アニメに関係する会社が協力してくれたりしましたから。

[PR]
by office-nekonote | 2009-07-08 18:26 | その日暮し | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42
のえりん様、人格障害でも..
by office-nekonote at 22:06

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧