選ばれる男たち―女たちの夢のゆくえ

選ばれる男たち―女たちの夢のゆくえ
c0011446_18443510.jpg
題名 選ばれる男たち―女たちの夢のゆくえ
著者 信田さよ子
出版社 講談社 現代新書2002
価格 756円 
出版日 2009年7月17日
さまざまな動機から書き始めた本書であるが、書き進めるうちに新たな視点や課題がどんどんあらわれてきた。このことは、本書に限らず、私が文章を書くときの常であるのでそれほど驚くことではない。
事前の予測としては、私たち還暦を過ぎた女性たちが、思う存分きれいな男性についてさまざまな角度から書き連ねることはきっと楽しいだろうというものだった。見られる対象としての年齢をはるかに過ぎた私たちは、大年増、ババア、ばあさま、おばはん、などなどおよそ賛辞やほめことばとは無縁の呼ばれ方を甘受しなければならない存在である。同じ年齢の男性が、おやじと呼ばれながらも、職業的達成をずっと光背のように背負っているのとは大違いである。おまけに、ちょっと前はロマンスグレー、最近はカレセンのように、年をとった男性を賛美する言葉までが創造されている。
彼らは、老女である私たちとは違い、毎朝鏡を見てしわやしみにため息をつくことなどないだろう。それをカバーしてあまりある社会的地位や経済力があれば、異性に対してずっと見る主体、選ぶ主体であり続けられるからである。それらがなくなったとしても、それなりの、自分に見合った女性を強制的にものにすることは不可能ではない。対象の要求水準を下げればいいだけの話だからだ。
彼ら男性たちが、異性である女性から査定され、評価され、選択される可能性については、想像の世界や言葉の上では否定などしないだろう。いっぱしの教養ある男性なら必ずそう言明するだろう。ところが、彼らの日常の行動はそうではない。老いも若きも、教養があろうとなかろうと、女性をもののように弄んだり、釣り堀感覚でゲットしたりする。時には、激しい暴力すらふるうのだ。
遠い昔、学生時代にカール・マルクスの「経済学・哲学草稿」を読んだことがあるが、その中の一節に、ひとりの人間(=男性)がもっとも明瞭に判断されるのは女性との関係においてであると述べられていた。正確な引用ではないし、その他難しいことは忘れてしまったが、その一節だけは今でも鮮明に覚えている。マルクスが実際女性との関係でどうだったのかについてはさておき、深く私はそれに同意するものである。
とすれば、私たち老いの坂道を転げ落ちる(もしくは登っていく)しかない女性たちこそ、もっともよく男たちの実態を知っているということになる。夫や恋人だけでなく、上司や部下も含め、彼ら男性が、女性相手だとどれほど信じられない態度をとるかを骨身にしみてわかっているのだ。
本書の意義はその点にある。性的対象から外れたからこそ自由になれることがあるからだ。自由になれたからこそ、私たち女性がしあわせに生きるためにはどのような男性が望ましいかを描くことができる。それは20代、30代、いや40代でも無理だった。50歳を過ぎ、還暦を迎えたからこそ描き、主張できると思う。
苦しかった過去、忘れたい過去、これらはすべて宝物である。
誤解を招かないように述べれば、過去をどのように振り返り、どのようにそれを語れるかによって宝物になりうるのだ。
男性からは歯牙にもかけられないポジション、やっと手に入れたこのポジションから、思い切り夢の男を造形してみたのである。しかもそれは机上の空論ではなく、散々な目にあわされたからこそ描けるリアルさも兼ね備えている。そこからは、おのずと選ばれるべき男性像が浮かび上がるはずだ。
本書を終わりまでお読みになった方が女性であれば、きっと深く同意していただけるものと信じている。わが意を得たりと思っている多くの女性の顔が目に浮かぶようだ。
また、これから選ばれたいと思っている男性であれば、目からうろこの内容かもしれない。先輩や年長の男性からまことしやかに言い伝えられた女性に関する常識を、本書は明瞭にひっくり返してしまうだろうから。しかし、女性が望んでいること、夢見ていることを知らなければ、彼らは選ばれることはないのだ。
選ぶのは、女性なのだ。なぜなら、結婚によってはるかに多くのものを失い、はるかに高いリスクを背負うのは女性なのだから。
人生がかかっているからこそ、女性こそが男性を選ぶのだ。

http://s01.megalodon.jp/2009-0728-1402-08/www.hcc-web.co.jp/profile/book24.html
2009年07月28日
順調なすべり出し
http://s04.megalodon.jp/2009-0728-1405-12/www.hcc-web.co.jp/blog/archives/000914.html



信田さよ子さんのブログ
2009年07月28日
順調なすべり出し
あえてBlogには体調がすぐれないことをオーバーに書くことにしている。
そうすると、みんなから心配してもらえるからね(笑)
でも、そんなふうにばらしてしまうと、読んだひとは、ああ信田さんはオオカミ少年ならぬオオカミおば(あ)さんだ!と思うかもしれないので、あまり信じないようにしてほしい。

どうも疲れやすくなった。ちょっと前までは、別にビールを飲んだところで眠くなるなんてことはなかったのに、ついついこっくりするようになった。
自宅外では緊張しているのでそんな醜態をさらすことはないけど、自宅だとてきめんである。

「選ばれる男たちー女たちの夢のゆくえ」(講談社現代新書)が好調なすべり出しだそうだ。昨日、朝日新聞日曜の書評欄でもとりあげられていた。
なにしろ、同年代の男性からは「いやあ、怖いもの見たさだね」「ちょっと読むのが抵抗あるよ」などとかなり反応されてしまうのだ。
いっぽう女性からは「よくぞ書いてくれた」と賛同の嵐(これってオーバーです)。
やっぱり本は売れてなんぼの世界なので、届く人には届く、といった達観はできないのだ。それにそんな高尚な内容を書くだけの教養もないし。

昨年から本の出版が続いているが、これもこの3~4年間かけて、連載したものの集大成である。多いときで、月三本掛け持ち連載だったのだから、それらが出版されたにすぎない。
現在も、計三社の連載(というより強制的原稿とりたて)を抱えており、ほぼ毎週締め切りの嵐に翻弄されているのが実態だ。
それに加えて、専門誌の単発原稿、専門書の翻訳文の校正が目白押しである。

本当はこのBlogで、千葉の殺人、次女の連れ去り事件の容疑者について述べたかった。たぶん、2ちゃんあたりでは、二人の逃避行についていろいろ書かれているのではないかと思う。
すばやく「ストックホルムシンドローム」という名前を出して、ニュース番組のキャスターが解説していたが、日本も変ったものだ。
時間があったら、ぜひあの事件についての私なりの考えを述べてみたい。
ちょっと今は時間がないので、いずれお楽しみに。

[PR]
by office-nekonote | 2009-07-28 14:08 | | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
私をひらく声のあげかた:...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

上岡はるえは依存性の女性..
by 上岡はるえに疑問 at 03:11
これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧