倒錯の舞踏2

倒錯の舞踏

題名 倒錯の舞踏
著者 ローレンス・ブロック
訳者 田口俊樹
出版社 二見書房

p125、
”ワインのない夕食は陽の照らない一日のようなもの”と書かれていた。私は食事中は水ですませ、食後にエスプレッソを飲んだ。ウェイターが頼みもしないアニス入りリキュールを持ってきて、私のテーブルに置いた。私はそれを下げるように身振りで示した。
・・・

P239、
夜明け近くなって彼が言った。「マット、あんたはおれのことをアル中だと思うか?」
「なんだね、藪から棒に」と私は言った。「私自身、自分のことをアル中と認めるのにどれぐらいかかっただろう?それを他人(ひと)に関してはあわててやろうとは思わない」
私はトイレに立った。戻ると、ミックが言った。「おれは酒が好きだ。酒のない世界なんてぞっとするね」
・・・





p125、
”ワインのない夕食は陽の照らない一日のようなもの”と書かれていた。私は食事中は水ですませ、食後にエスプレッソを飲んだ。ウェイターが頼みもしないアニス入りリキュールを持ってきて、私のテーブルに置いた。私はそれを下げるように身振りで示した。
「これは店のサーヴィスです」とウェイターは言った。「エスプレッソの中にこれを垂らすと、味がひきたちます」
「そんなにひきたたなくてもいい」
「ええ(スクージ)?」
私はもう一度下げるように身振りで示した。ウェイターは肩をすくめ、リキュールのボトルをバーのほうへ持って帰った。私は、リキュールを垂らした味をなるべく想像しないようにして、エスプレッソを飲んだ。しかしそれはその味に惹かれたからではない。もし、アニスがコーヒーの味をひきたてるのがほんとうなら、コーヒー愛飲家はみなコーヒー豆を挽くときに、アニスの実も加えることだろう。しかしそんなことは誰もやらない。
私が惹かれるのはアルコールそのものだ。その日は一日中アルコールの甘い囁き声が聞こえていた。その声は食事を始めたあたりから急速に高まっていた。飲もうと思ったわけでもないし、飲みたくなったわけでもない。しかし、自分の細胞が何かに刺激を受け、その何かに反応しているのが、自分でもわかった。私の体の奥底に眠っていた何かが眼を覚ましたことは、まちがいなかった。
が、もし万が一また飲むようなことがあるとすれば、それは自分の部屋で飲むバーボンのクォート壜か、ミック・バルーの十二年もののアイリッシュ・ウィスキーだろう。エスプレッソのデミタスに垂らした、くそアニスのくそリキュールでは断じてないだろう。
私は時計を見た。まだ七時を少しまわったばかりだった。セントポール教会の集会は八時半からだが、ドアはその一時間まえに開けられる。早く行ったからと言って別に悪いことはなかろう。椅子を並べたり、禁酒の手引書やクッキーを用意する手伝いをすればいい。金曜日の夜の集会は、いわゆる段階集会(ステップ・ミーティング)というやつで、十二段階あるAAの精神療法プログラムの一段階について話し合う集会だった。今週はまた第一段階に戻る週にあたっていた。”私たちはアルコールに対して無力であることをー自分の人生をコントロールできなくなったことを認める者です”という段階に。
私はウェイターの眼をとらえ、勘定の合図を送った。

P239、
夜明け近くなって彼が言った。「マット、あんたはおれのことをアル中だと思うか?」
「なんだね、藪から棒に」と私は言った。「私自身、自分のことをアル中と認めるのにどれぐらいかかっただろう?それを他人(ひと)に関してはあわててやろうとは思わない」
私はトイレに立った。戻ると、ミックが言った。「おれは酒が好きだ。酒のない世界なんてぞっとするね」
「酒があってもなくても世の中はかわらない」
「ああ、しかし、こいつはいっとき人を盲目にしてくれる。あるいは、焦点をぼかしてくれる」彼はグラスを取り上げ、その中をのぞき込んだ。「裸眼では日食は見られない。眼を守るのにすすをつけたガラス(スモークト・ガラス)越しに見たりする。それとおんなじように、世の中をまともに見るのは危険じゃないかね?世の中を見るには、何かもやのようなもの(スモーキー・スタッフ)が必要じゃないかね?」
「うまいことを言うね」
「詩的なたわごとはアイルランド人の専売特許だ。ひとつ教えよう。飲むってことに関して一番いいのはなんだか知っているか?」
「今夜みたいな夜が過ごせること」
「今夜みたいな夜か。いや、酒が今夜みたいな夜をもたらしてくれるわけじゃない。ふたりのうち飲んでいるのはひとりで、もうひとりは一滴も飲んじゃいないんだから。もっと別なことだ」彼は身を乗り出してテーブルに肘をついた。「飲むって事に関して一番いいことは、たまにしかないことだが、時々えも言われぬ一瞬が訪れることだ。これは誰にでもあてはまるかどうか、それはわからないが。
おれの場合は、ひとりでしみじみ飲んでる夜なんかにたまにそういうことが起こる。酔っぱらっているとも言えず、酔っぱらっていないとも言えず、何か考え事をしてるとも言えず、してないとも言えず、ただぼんやり遠くを眺めていると、ふっとそういう一瞬が訪れるんだーわかるかい?」
「ああ」
「なんだかすべてが明らかになり、何もかもが眼に見えるような、また自分の心があらゆる創造物を包み込んで、それらすべてを抱え込むことができるような―実際なんとも言えない一瞬で、気がつくと」―彼は指を鳴らした―「もう過ぎてしまっている。そんな一瞬だ。わかるか?」
「ああ」
「あんたも飲んでたころは―」
「たまにそういうことがあった。でも、ひとつ教えようか?今は素面でもそれと同じ体験ができるようになった」
「ほんとうに?」
「ああ。しょっちゅうあることじゃないが。禁酒を始めて最初の2年間にはそういうことはまったくなかったが。今はたまにある。夜、ホテルの部屋で本を読んだりしているときにね。何ページか読んで、読んだ本の内容について考えたり、それとは別のことを思ったり、あるいは何も思わず何も考えず、窓の外を眺めていると―」
「ああ」
「今あんたが説明したのとまったく同じ一瞬が訪れることが私にもあるよ。それは何か天啓のようなものじゃないかい?」
「そうだ」
「と言っても、何かあることをはっきり教えられるわけじゃない。あんたも言ったとおり、ほんとうにえも言われぬ一瞬だ。私も以前はそれは酒のせいだと思っていた。でも、酒をやめた今でも体験してる以上、これは明らかに酒のせいじゃない」
「今夜は思いがけないことを聞いたな。素面じゃあんな体験は絶対にできないって、おれは頭から思い込んでいたよ」
「それがなんとできるわけだ。でも、ミック、もうひとついいことを教えようか?素面でそういう体験をするということは、すすのついていないガラスですべてを見るということだ―」
「なるほど」
「―そしてすべてに手が届いたような気分になる。あるいは手が届きそうな気分に。しかし、そんな一瞬が過ぎると―」私は彼の眼の奥をのぞき込んだ。「胸がはりさけそうになる」
「そうだ」と彼は言った。「それは飲んでいてもいなくても変わらない」

[PR]
by office-nekonote | 2009-08-18 16:11 | | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42
のえりん様、人格障害でも..
by office-nekonote at 22:06

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧