性暴力被害 VOICE-番組によせられたメールより-

性暴力被害 VOICE-番組によせられたメールより-
教育テレビ 2月22日(月) 午後8時~8時29分
再放送 3月1日(月) 午後1時20分~1時 49分
http://megalodon.jp/2010-0223-1930-15/www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/index.html


1月の放送後、番組にはおよそ200通のメールや手紙が寄せられました。
そのほとんどが被害の当事者の方たちから。
一つ一つに、それぞれの悩みや葛藤が綴つづられていました。

被害から一年に満たない女性の“挫けそうになる夢への思い”。
性虐待を受けた若い男性が抱える“誰にも言えない苦悩”。
パートナーからの告白に悩む男性や、
性虐待の傷を乗り越え始めた女性からもメールをいただきました。

今回は、こうした方たちとスタジオを電話で結び、
再び、性暴力被害について話し合います。

性暴力による心の傷とどのように向き合ったか、体験談やメッセージを募集しています。
メッセージを送る(別ウインドウ)

2月12日(木)18件のメッセージを掲載しました。
みなさんからのメッセージ
※みなさんからいただいたメールのうち公開の許可をいただいた体験談・メッセージを順次紹介します。
ハートネット ピープルへ

性暴力被害を見つめた記事が届いています!
咲セリ「セクシュアル ペイン」へ
桜井 洋子「性暴力被害 VOICE 収録感想」へ

ハートネットお役立ち情報のリンク集では、性暴力被害の情報・相談窓口を紹介しています。
ハートネットお役立ち情報 リンク集へ


咲 セリ「みんな生きるために生まれてくる」
セクシュアル ペイン
http://megalodon.jp/2010-0223-1931-45/www.nhk.or.jp/heart-blog/people/seri/post_397.html
桜井 洋子「ハートをつなごう」収録を終えて
「ハートをつなごう 性暴力被害 VOICE」 収録感想
http://megalodon.jp/2010-0223-1933-46/www.nhk.or.jp/heart-blog/people/sakurai/voice.html



咲 セリ「みんな生きるために生まれてくる」
セクシュアル ペイン
http://megalodon.jp/2010-0223-1931-45/www.nhk.or.jp/heart-blog/people/seri/post_397.html
「だって、私まで拒んだら、彼はどうなっちゃうの…?」

4 年ほど前、べろんべろんに酔っ払った末の場所もおぼえていない飲み屋で、友人が、こぼした言葉だ。
「彼」 とは、彼女の実の父親のこと。

彼女との出会いは、もう7年近く前になる。
いま思えば、わたしが生まれてはじめて、自分の心に抱え続けていた傷みを、隠すことなく話せた相手 「だった」 のじゃないだろうか。

過去形なのは―
彼女が、もうこの世にはいないから。

1年前の2月。
彼女は自宅の狭い和室で、自らその人生に終止符をうった。

インターネットがきっかけで知り合ったわたしたちは、実際に顔を見るまでに2年近くかかった。
はじめて難波の駅前でお互いを見つけたとき、「ああ、やっぱり…!」 なんてドラマティックな感動はまったくなく、緊張のせいか、まるでアニメ声のようにテンションの高すぎるキンキンした声が、耳に残った。
わたしも彼女もお酒が好きで―というより、お酒を飲まなければ、精神薬を飲まなければ、生きていけないと信じていて―その日も、駆けつけいっぱいから日本酒を注文し、「おいしいねえ」 と頬をほころばせながら、すでにその日の規定量はゆうに超しているであろう量の薬も、一緒にさらさら流し込んだ。

どれくらいのグラスを空にした頃だろう―
「私ねえ、セックスが嫌いなの」
唐突に彼女が言った。
「なんで? わたしは好きだよ。あんなに一体感を感じられるものってないじゃなぁい」
ろれつのあやしい口調で、冷酒から熱燗に切り替えた。カウンターの中で背を向ける飲み屋のご主人の後頭部に好奇心が浮かんでいる。
「一体感なんて感じたことないもん。だってあれは、男のためにあるもんでしょ? なにがいいのか、ぜんっぜんわかんない」
口を曲げる彼女の容貌は、たしかに 『今風』 とは言いがたく、当時20代後半であったはずの彼女に、わたしはお酒の勢いでなげかけた。
「…もしかして、処女?」
しかし彼女は、窓ガラスが割れそうなほど甲高い声で笑った。
「会った人とは、たいてい寝る。だって、会ったのに、セックスしないなんて悪いでしょう?」
会った人― 「彼氏」 ということではない。
彼女はインターネットのサイトなどを通じて時々男性と会うことがあり、食事をし、しかしそのまままっすぐ家に帰ることはしなかった。

当時…の少し前、わたしは、『性依存』 だったと思う。
だけど、その対象は 「好きな」 パートナーにのみに向かっていたし、それ以前の不特定多数だった時にも、セックスが 「好き」 だったから、していたのだ。
「嫌い」 なのに、なぜ、そんなにもセックスをしなければならないのか、わからない。
話しているうちに、冒頭の会話になった。
彼女は言う。
「うち、両親が学生の時に離婚してるんだけどね、私だけ、父さんについていったの。…夜中、1時くらいだったかなあ。私が寝てたら、酔っ払った父さんが布団の中に入ってきてねえ、お母さんの名前を呼びながら…触ってきたの」
「拒まなかったの…?」
「だって、私まで拒んだら、彼はどうなっちゃうの…?」


わたしは、今から1年前、2009年の1月に放送された 「ハートをつなごう」 で、自分がかつて 「恋愛依存」、「性依存」 であったことを告白した。
当時は、自分の性依存は 「必要とされたくて、そのために、性の対象である自分にしか自信が持てなかった」 と話したが、収録中のパーソナリティーの方のお話の中に、ひとつ、ひっかかるフレーズがあった。
「性被害者ほど、逆に、性に依存するケースも少なくない」
とっさに思い出したのは、友人である彼女のことだ。
だけど時間が経つにつれ、そのフレーズは、わたしが封印していた過去までも、倒してしまったシュガーポットからこぼれてはじける角砂糖のように、脳内に散乱した。

最初に 「いたずら」 を受けたのは小学校中学年の時。
自転車の二人乗りをしていたのを注意され、「学校に言われたくなかったら言うとおりにしろ」 と、見知らぬ男性に車の中で性器と猥褻な写真を見せつけられた。
中学生の時には、信頼し、恋心すら抱いていた教師が、影で他の女生徒にわたしのことを 「妊娠でもさせてやろうか」 と笑っていたと聞いた。
電車に乗れば、痴漢に遭う。
助けてくれた人とともに駅員室に行くと、「そんな露出度の高い服を着ている方が悪い」 と吐き捨てられた。

やがて、わたしの頭の中で、変換作業が行われる。
『わたしが性的なことを好きだから、こういうことが起こるんだ』

合意とはいえないセックスも、数多くあった。だけど拒むほうがこわかった。
脅されるより、殴られるより、受け入れる方が100倍らくだ。
「わたしは、セックスが好き」
そう思えば、どんなセックスをされても、「かわいそうなわたし」 にならずにすんだ。

彼女が、なぜ、命を絶つに至ったのか―本当の理由はわからない。

だけど、その半年ほど前、偶然会った男連れの彼女は、微笑みながらわたしに言った。
「ね、彼、結構いい男でしょ。自殺サイトで知り合ったの」

人間が、ひとりきりで生きていくのは、とてもしんどい。
生涯伴侶となれる存在を求めることが本能であるなら、その中に、身体を重ねるという機会も多く訪れることだろう。

だけど、まちがえてはいけない、と思う。
「身体」 をつなぐことは、イコール、「心」 をつなぐことにはならない。
裸にするべきは、身体ではなく、まずは、お互いの心なのだ。

「減るもんじゃないし」 と、若い頃、わたしはよく笑っていた。
今なら、わかる。
愛のないセックスは、重ねた体から体温を奪う。
激しい摩擦にこすり合わせた身体は、心にも、消えない傷をいっぱいつける。

2010年2月17日
咲 セリ「みんな生きるために生まれてくる」のほかのエントリーへ
コメント

セクシュアル、という言葉からは少し逸脱しますが、幼年期に親から受けた虐待、というのを、
虐待を受けた子供が正面から受け止められない、という傾向があるようですね。

ここ数年、親の虐待によって亡くなるお子さんの
ニュースが増えてきて、本当に悲しくなるのです
が、そのニュースの一文でよく「子供が、虐待は
されていないと主張して、親をかばう一面があった」というのを見つけます。
実際は、命を奪われるまで暴力を振るわれ続けたのに・・・。

それが虐待が判明されにくい、第三者が防ぎ
にくい理由のひとつにもなっているのだとか。

セリさんの、お友達のお話を読んでいて、性的
虐待であろうが、瀕死の暴力であろうが、その
暴力をうけた子供達の「自分を守る」という、
人が生きていくうえで一番大切なものを、それら
の暴力は等しく子供たちから奪っていくのだな、
と思いました。
自分を大切にする、って気持ちは、実は親から
のプレゼントでもあるのかもしれません。

親への感謝を再度思い起こしつつ、亡くなった
セリさんのお友達へ、お悔やみを、申し上げます。
投稿者: ぱんでぃ | 2010年2月17日

こんにちは(*^-^*)
コメントを書いてくださって、ありがとうございます。


> ぱんでぃ  様

本当に…幼い子ども(もしかしたら、大人になっても…かもしれません)にとっては、親は、生まれた瞬間から「ぜったい」で「すべて」なので、虐待を受けても、それでも愛し受け入れてもらえる日を信じてしまうのかもしれません。
きっと…信じなければ、心が生きていくことすら、むずかしいからかもしれませんね…。

『自分を大切にする、って気持ちは、実は親からのプレゼントでもあるのかもしれません。』

ぱんでぃさんのそのお言葉、胸に染みました。
昔、私が自分の体を大切だと思えなかったとき、母に「もっと自分を大切にしてください」と手紙をもらったことがあります。
だけど私にとっては、「自分を大切にする」という意味すら、まったくわからなかったんです。
「私の体でしょ?ほっといてよ。体なんて、命なんて、いらないんだよ」…と。
今、母を含め、沢山の人に愛されていることを感じることができ、はじめて「自分を大切にしたい」と思えるようになりました。
最初に出会った存在…親からの愛は、子どもが成長し、自分を、そして周りの人を愛していく上で、一番大切なプレゼントなのかもしれませんね。
投稿者: 咲 セリ | 2010年2月18日

私は、両親や、他の男性から、何かしらの性的暴力をされたことはありませんが、両親からの愛情がもらえず、感情を、すべて閉鎖したので、そのマイナスを埋めるがごとく、好きでもないのに、すぐ、恋愛をして、セックスをしてきました。

ぽっかり空いた穴を埋めてくれるのは、自分しかありません。

好きでもない人とセックスをしても、ますます、
その穴は大きくなり、自分との信頼関係もなくなり(本音で生きていないので本気で好きではないので)そんな事ばかりしている自分が許せなくなり、相手の男性は悪くないのに、責めたり、いいことなんて、ないのに、何度も何度もそんなことばかりを繰り返していました。

20代後半から、自分と向き合うことを勇気をもってしてきました。

ぽっかり空いた穴を自分で埋めてゆく、自分を認め、愛してゆく作業を根気よくしてゆくことは時として、辛いこともありますが、今後も続けてゆきます。

そんなとき、周りの環境、周りの人の心も変ってゆきます。

どうぞ、若いうちから、辛いでしょうが、勇気をもって、ご自分と向き合ってください。
そんなとき、同じような思いをもった、友人など、必ず、出会えるものです。

あきらめないで、これからの人生に、過去を持っていかないで。

宝石が見つかると信じて、ご自分を見つめて下さいね。私もがんばります!
一緒にがんばりましょう!
辛い辛い過去を生きてくれた自分の為に。
投稿者: クロ吉 | 2010年2月18日

こんにちは(*^-^*)
コメントを書いてくださって、ありがとうございます。


> クロ吉  様

お気持ち…いたいほどわかります。
セックスって、体が触れ合って、ぬくもりを感じて、そのときだけは「ひとりぼっちじゃない」と思えたりするのですよね。
幼い頃、両親から「大好きだよ」「そばにいるよ」と、いっぱいぬくもりをもらえていたら、きっと一人でも立っていられるのでしょうけど…わたしも、無理でした。
繰り返してしまうお気持ちも、すごく共感します。
本当にほしいのは絶対の愛で…でも、それを望むべき相手は、男性ではなく、自分自身だったのでしょうね…。
「自分と向き合うこと」…わたしも、猫と出会って、どんな過酷な状況でも文句ひとつ言わず生きる姿に、気がつけば自分をみつめる機会をもらいました。
そして、クロ吉さんのおっしゃるとおり、自分がかわると、まわりも変わっていく…。愛情の循環が生まれますよね。
たったひとつの心残りは、彼女にとっての、その立場にわたしがなりきれなかったことです。いつかどこかで会える日がきたら、ちからいっ
ぱい抱きしめて「あいしてる」をつたえたいです。
投稿者: 咲 セリ | 2010年2月19日

桜井 洋子「ハートをつなごう」収録を終えて
「ハートをつなごう 性暴力被害 VOICE」 収録感想
http://megalodon.jp/2010-0223-1933-46/www.nhk.or.jp/heart-blog/people/sakurai/voice.html
先月放送した 「性暴力被害」 について、反響が200通近くも寄せられ、その一通一通に悲痛な体験・心の叫びが綴られていました。
まだまだ多くの声が潜んでいるに違いありません。

今回は 「反響編」 としての放送ですが、実は、メールをくださった当事者の方々とTELでつなぐだけなのでどこまで気持ちに寄り添うことができるのか、若干の不安を覚えながらスタジオに入りました。
でも、杞憂に過ぎないことにすぐに気づかされました。

最初にお話しを伺った 「暁さん」 は、始めから感極まった感じの涙声で、堰を切ったように話し続けました。
誰かに、どんなに、話しかったことか、「暁さん」 の気持ちが伝わって胸が熱くなりました。
TELで話を伺っているだけで、気持ちはつながるんですね。
前回同様ご出演くださった小林美佳さんは、「暁さん」 が被害を受けてから一年弱なのにずいぶん整理をして話せることに驚き、 “夢”という大きな目標があるからで、「“夢”に向かって頑張って」 とエールを送っていらっしゃいました。

少年の時に、大好きだった親戚の伯父さんに性暴力を受けたという、たかさん。
お話しを伺いながら、ソニンさんは涙が止まらず最後まで泣きっぱなしでした。

「大きな大きなダメージを受けているにもかかわらず、加害者の受け止め方が余りにも軽いもので、そのギャップに怒りを感じる」 いうソニンさんの感想にまさにその通りと、スタジオ中が大きく頷きました。
本当に何と理不尽なのでしょう。

今回も涙と怒り、そしてため息が渦巻いた収録となりました。
是非ご覧になってください。

[PR]
by office-nekonote | 2010-02-23 19:35 | お勧め催し物 | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

上岡はるえは依存性の女性..
by 上岡はるえに疑問 at 03:11
これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧