治療に疑問を感じたら。

c0011446_1191040.jpg

治療に疑問を感じたら。
薬院河野クリニックスタッフのブログ 2010年7月20日

http://megalodon.jp/2010-0722-1045-58/www.kawano-yakuin.com/blog/index.php?e=57


続精神科セカンドオピニオン掲示板
http://mental2.hustle.ne.jp/pub/

重ね着症候群とスキソイドパーソナリティー障害
http://megalodon.jp/2010-0722-1028-11/www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/kasanegi.htm

治療的アティテュード 2010年6月21日

http://megalodon.jp/2010-0722-1050-00/www.kawano-yakuin.com/blog/index.php?e=49




治療に疑問を感じたら。
薬院河野クリニックスタッフのブログ 2010年7月20日

http://megalodon.jp/2010-0722-1045-58/www.kawano-yakuin.com/blog/index.php?e=57
つい先日。
おにぎり
ある人から、こんな相談を受けました。

「知り合いがメンタルクリニックにかかっているんですけど、
『先生が話を聞いてくれなくて、何か訴えると薬が増えるし、
 先生の態度もすごく横柄で合わないんだけど、
 転院すると、また最初から話をしないといけないし、
 いろんな人に自分の病気のことを知られるのは恥ずかしいし。』
こういう時には、どんなアドバイスが良いんですか?」

何と答えたかは、考えてもらうとして、
私の脳裏に去来したのは、
この知り合いの方は何を期待して通ってらっしゃるんだろう?
ということでした。

察しのいい方はおわかりですよね。

この治療関係は、患者はすべてを医者に委ねればよいという
医療パターナリズムであって、
 ・望ましくないものとしての病気を受け入れ回復に努力する責務
 ・専門家の援助を求め、それに協力する責務
という病者の役割を引き受けられていませんよね。


 

ちなみに。
beer
今日のタイトルは、雑誌『こころの科学』No.152の特集記事のパクリです。



目次を見てみても、

●こんな疑問をおぼえたら
 ・病気についての説明
 ・診療の仕組みにかかわるものなど
 ・医師の態度に疑問を感じるとき
   —診療姿勢に関する覚書
 ・治療スタッフのかかわり方についての疑問
   —境界性パーソナリティ障害の場合
 ・薬物療法の必要性
 ・継続される薬物療法
 ・治療効果に疑問が生じたときに
   —オートポイエーシス的治療システムの試み
 ・子どもの治療
 ・精神科医療機関の上手な利用の仕方

●精神科とセカンドオピニオン
 ・セカンドオピニオン・ライブ………井原 裕
 ・産業医からみた精神科医への不満と疑問

治療者の立場としては、
普段聞くことが出来ない不満とか苦情を
聞かせてもらった感じでした。



精神科セカンドオピニオンといえば。
japanesetea

『精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて』



2008年に出版されたこの本は、
読売新聞の医療ルネッサンスで特集されましたし、
医療者からの反響を巻き起こしましたよね。


『精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える』



この本も我がツボだったので、早速読んでみました。
今では笠医師に替わって内海医師が相談を受けていらっしゃるんですね。



この2冊とも、
発達障害を統合失調症と誤診されるケースがいかに多いかということと、
多剤併用される薬物療法偏重主義に対して
警鐘を鳴らしていますよね。

実際、統合失調症の診断で抗精神病薬の多剤療法を受けていたケースを
診断を修正して減薬治療した経験もありますし、
中には強迫性障害、双極性障害だけでなく
引きこもりや対人過敏、
場合によっては、知的障害や
外国人妻の異文化ストレス症候群でさえ、
統合失調症と診断されているケースがありました。sweat02

たぶん、多くの医師からは
 ・症状に対し薬を出しているので、診断が異なっていても問題ない
 ・診断も治療方針も変えるつもりはない
 ・治療方針に不満なら、他へ行ってください
という意見が出されるのでしょうね。
(実際、知り合いの家族もそう言われたそうです。rain)
c0011446_1193923.jpg



結局、重ね着症候群とか、二次障害とか
背景に発達障害がある場合は、
どういう考えればいいのでしょうか?

そもそも。
コーヒー
発達障害が正常とか異常とかの線引きが出来ない
スペクトラム(連続性)であることに加えて、
時代や社会背景により変動しうるという特性がありますよね。

たとえば。
カレー
ひと昔前は、疾患分類は
 ・外因性精神障害(脳器質性および症状性精神障害) 
 ・内因性精神障害(脳機能性障害:狭義の精神疾患)
 ・心因性精神障害(心因反応、反応性精神病)
に分けられていました。

発達障害を気質とか特性とか個性と考えると、
発達障害の二次障害はおそらく心因なのでしょう。

しかし、児童期、思春期、青年期と経過していく中で
さまざまに表現形、状態像が変化し、
虐待(愛着障害)、トラウマ(複雑性PTSD)、
あるいは不適応状態としての不登校や対人過敏、
生きづらさの結果としてのうつ状態や解離をはじめとして、
強迫、摂食障害(拒食症・過食症)、双極性障害、統合失調症様状態などなど、
さまざまな「状態」を呈して医療機関を受診することになりますよね。

これらの「状態」を内因性精神障害とみなしてしまうところが
『精神科セカンドオピニオン』で誤診とされているのですね。

そう考えると、生きづらさを支えるためにも、
あるいは通常の病気の治療であっても、
最近ではセルフ・エフィカシー(自己効力感)とか
ムズカシイ言葉でいわれていますが、
自尊心を育て、回復することがすごく大切ですよね。



過去ログで「えせ契約(bogus contract)」で触れた井原先生。
医者による診断の違いや、診察時間の短さ、
病気以外の相談、セカンドオピニオンの話などなど、
フィクション・ライブは読み応えがありました。

井原先生は、
病気かどうかなんて問題じゃなく、
「自分自身物語」をどう展開させていくかということです。
物語の主人公が引きこもっていては物語が展開しません。
自分自身の可能性を信じて、一歩まえに踏み出してみてください。
と結んでいらっしゃいました。

失恋やマリッジブルーに対しても
抗うつ剤が処方されるようなムチャな時代ですから、
井原先生のこの提言は、
お任せ医療からテーラーメイドの医療への転換を
見据えていらっしゃるようですよね。 

院長

[PR]
by office-nekonote | 2010-07-22 10:57 | 発達障碍 | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

上岡はるえは依存性の女性..
by 上岡はるえに疑問 at 03:11
これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧