カテゴリ:AC( 152 )

スポンサー出て来い

AAのメンバーで実家の親がアルコール依存症だったりDVがあったりすると言うのは割と多い話だと思います。その中でとても強いトラウマがあるのだったら、ACのステップより医療機関で見てもらった方がよいのではないかと思います。でも、大方のAAメンバーはAAのステップだけでかなり良くなっていますね。
 いわゆる第三国人の差別も絡んで貧困と暴力にまみれて育ったメンバーも、ステップによって落ち着いた教養のある人に変化しましたし、依存症の親の酒代を作るために売り飛ばされた女性メンバーだってちゃんとAAのステップだけで魅力的な成熟した女性に変化しました。
 ここのところ注目を浴びているもう亡くなったジョー・マキューだって黒人ですから、日本のメンバーが自分はこれだけひどい家庭に育ったんだと自慢してもちょっとやそっとではひどい家庭自慢では負けないと思います。
 アルコール依存症の御本人様たちは自分だけは特別な依存症者だと思いたがっているとあるお医者さんがおっしゃっていましたが、そう考える御本人様ばかりで特別な話ではないようです。
 結局は恨みを捨てたくない、なおりたくないと色々なステップを混ぜて使ったり、ときにはAAのステップが後回しにしてみたり(お酒をまだ飲みたいのかね。)素っ頓狂なことをやってしまいます。スポンサー出て来いと言いたくなってしまいます。どういう教育をしたのかね、もう全く・・・
[PR]
by office-nekonote | 2013-05-20 00:23 | AC | Comments(0)

ぐだぐだ

本日は合同庁舎で仕事の総会があったので、ぐったりであります。
明日出勤したら報告書を書かなければならないので、今日はしっかり休みたいのですが、きのう書いたエントリ「子どもの行く場所を返してください。」http://chatterie.exblog.jp/pg/blog_view.asp?srl=20202064&nid=chatterieがFACEBOOKの方のコメントでぐだぐだぐるぐるしているために、休めません。
テレビで「ダブルス」の時間なんだよ~~ん・・・ぐっすん。
頼むから依存症ご本人はまず依存症ご本人様のステップをやってほしいです。
AAとACのステップをあっちこっちとやるのって ものすごく非効率的です。
というか何やっているのか分からなくなると思う。
ACのステップって親や家庭に問題があったかも知れないけれど 結局は自分で問題を作ってしまったので責任は自分で取るという話なんだけれど。
AAのステップとACのステップは混ぜて使うものではないし使えるものではないです。
それぞれ1から12まで順番に一気にやらないとなりません。
そうでなければやったことにならないし、効力が生まれません。
ほんと、何度でも書くけれど、AAのステップで埋め合わせに行き、ACのステップの埋め合わせに行くってどうよって思うんですけれどねえ。
AAのステップををしっかりやればAAの人にも自尊心は生まれます。きっぱり。
親が機能不全だったからAAとACのことをやらないと自尊心が回復しないってことはないですよ。
[PR]
by office-nekonote | 2013-05-16 21:18 | AC | Comments(0)

久々のCD購入

c0011446_14174658.jpg

久しぶりにCDを購入。
先に書いておきますが村上春樹のファンだから買ったのであって、小澤のファンだからではありません。
ライナーノートを読んでみたいのもあります。
以前は子猫のために石田衣良さんの池袋ウエストゲートパークにでてくる音楽のCDを買ってやったこともあります。
欲しいCDやオペラやバレエのDVDはいくらでもあるのですが、いまさらこの時代レコードで真空管アンプで聞くわけにもいかないので、この願望に対しては、ま、いいやということでほったらかしてあります。
BOSEのCDのポータブル再生機ぐらいは欲しいかも。

世界中の小澤のファンを敵に回しそうですが、私は小澤の結婚に関するスキャンダルがどうにも駄目で、駄目なものは駄目なのでございます。
これは有名な話だから書いてもかまわないと思いますが、最初の奥様であるピアニストの江戸京子さんのお父さんの財産を使って世に出て、江戸京子さんを捨てて、銀座のバーのマダムと再婚したという話を、両親がもめまくっている子どもの頃に聞いたのでげんなりだったのです。
この年になれば大人の事情があったのは分かりますが、それでも今でもこういう話は苦手です。
音楽家や美術家ともなれば 異性関係の話や 戦争に加担したのしなかったのという逸話がついて回ることは珍しくないのですが、ま、でもやっぱり駄目なのでございます。
毎年夏になると小澤の名前があふれる町に住むようになり、なんとも刺激されてしまうたま猫のインナーチャイルド。(久々に出ました。!)
このごろは名前を聞いてもふ~んぐらいのものですが、改めてCDを買って目の前に名前があると、やっぱり邪魔。
困ったにゃー、中身をパソコンに移動したら何処かにしまわないと。とほほ・・・
[PR]
by office-nekonote | 2013-04-27 14:38 | AC | Comments(0)

埋め合わせリターンズ

今日は上京してACのオープンスピーカーズミーティングに参加するはずでしたが、引っ越し疲れでパスしました。
それに、どうもそこのグループが好きになれず、今一つ進んで参加する気になれない。
どこぞのセミナーの分科会に参加しようとしたら、DV男のような物言いの人に手荒く扱われてうんざり、参加を止めて出てきたぐらいのことがあったためです。
そもそも、依存症になったACと依存症にならなかったACが分かち合いを一緒にするのは無理があるというか、そもそも反則。
このごろDVの世界でも 自分も子供のころ父親のDVの被害にあっていたというDV加害者さんが言うようになりました。
それはそうだろうと思います。
でも子供のころ被害を受けたというDV加害者とDV被害者(被虐待児)の子供が一緒のミーティングということはないと思うのですよ。
アラノンは依存症本人も参加できますが、より一層のソーバーが求められます。
仕事で依存症の人の世話をしたり、家族に依存症の人がいたりということは現実的にありでしょうから、参加できないのはつらいことがあるでしょう。
結構スポンサーシップで解消していると思いますが。
でもACのことはなあ。
スコットのようなプロはそれなりにトレーニングを受けているのでそれはまた別の話。
それでも人によっては嫌がるかもしれません。

そもそもちゃんとAAのステップをしたのかが問題。
スポンサーについてきちんとやっていればACのことをしなくても、それなりに解決できているはず。
なにか具合の悪いところがあれば、カウンセラーでもよし、スポンサーの許可をもらってACのグループに参加するもよし。
でもその前に、統合失調症や発達障碍、知能指数の問題等スポンサーや医師、カウンセラーなどと話し合って、具合が悪いのは本当にACのことなのかを確認してから。
それでもACのグループに参加するということは、AAのステップで棚卸をして埋め合わせを両親や妻や子供、兄弟、会社の人などにして、ACのステップで棚卸をして埋め合わせを両親や妻や子供、兄弟、会社の人などにするということなのですが、それで良いのですね。って確認したいです。
お酒と覚せい剤なのでAAとNAに参加するということと違う問題です。

そうそう、半年に一度棚卸をするという自称カウンセラーの人は、たなおろしのしかたが間違っていると思います。
1回きちんとやれば人により一生そのままで、またはもう1回ぐらいかな。
日々の棚卸はどうしたのだろうか。
という問題はともかく、棚卸をしたから当然埋め合わせもするんだよね。
棚卸だけして埋め合わせなしということはあり得ません。
どうしているのかなあ。
ブログには書いていないので、きっとやっていないと思われます。
自称先行く人がこれでは困るなあ。
[PR]
by office-nekonote | 2012-05-07 01:21 | AC | Comments(2)

心中

松本俊彦先生が心中について研究会議に出席中だとか。
私は福岡にいたころだから、3歳前後ですが、母親が踏切をふらふらしているのに付き合わされたり、線路を歩いていたりという記憶があります。
中学3年生の母の日には母親が自殺したいからということでオプタリドン(鎮痛剤)をお金を持たされずに、父の教え子がいる薬局まで買いに行かされました。
挙句錠剤をシートから出すのを手伝わされ、水まで汲みに行かされ、翌日はしにたくなかったのにと言われて散々でございました。
父親がアルコール依存症でDV夫だと家族はたまったものではございません。
[PR]
by office-nekonote | 2011-11-12 00:28 | AC | Comments(0)

アルコール依存症の父殺害 容疑の男子大学生逮捕 群馬

アルコール依存症の父殺害 容疑の男子大学生逮捕 群馬
MSN 産経ニュース 2011.9.20 10:59
飲酒した父親に激怒して死なせたとして、館林署は19日、殺人の現行犯で、館林市赤生田本町、関東学園大学4年生、亀田光紀容疑者(22)を逮捕した。

 同署の調べによると、亀田容疑者は19日午後10時ごろ、館林市の自宅で父親の会社員、宏さん(50)が酒を飲んで暴れたことに腹を立て、宏さんを押さえつけるなどして殺害した疑いがもたれている。

 亀田容疑者は、両親と祖父との4人暮らし。宏さんは休職中で、アルコール依存症になり、過去に家族とトラブルを起こしていた。

 亀田容疑者は同日夜に帰宅後、宏さんが隠れて飲酒していたことに気づき、激怒したという。

 母親(50)が「夫が暴れて息子ともめている」と同署に通報し、亀田容疑者は駆けつけた署員に逮捕された。

http://megalodon.jp/2011-0921-0159-26/sankei.jp.msn.com/region/news/110920/gnm11092011000005-n1.htm
[PR]
by office-nekonote | 2011-09-21 02:00 | AC | Comments(0)

分けて考えるのが回復の始まり

アルコール依存症にそれは病気ですと言うのは免責(あれやこれや原因さがしをしないで、やることやろーよというわけ。)、同様にACにそれはあなたのせいではないと言うのも 免責ではありますが、親と自分の問題や責任を分けるためでもあります。誰の問題かごっちゃだからね。
[PR]
by office-nekonote | 2011-09-07 14:18 | AC | Comments(0)

むりむり ステップ1

ステップ1
私たちはアディクションの影響に対し無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。

要点のみ

水色本は「アディクションの影響」というので面倒ですね。
ACoAは「アルコールに対して」というAAやアラノンのステップのままで私はOkだと思っているので。
他のグループでも「アディクションに対して」でいいと思っています。
機能不全のACという概念に無理無理感が漂うのは、このステップをいかにあてはめるかというところなんだと思いますが、強いて言えば「人を支配するまたは人の奴隷になる」ことに対して無力であり・・・というところかな。

ミーティングに参加しているからと言ってステップ1をやっているかは別問題。
自分はやらなくても 人にさせたいと思っている人のほうが多いかも。
自分ではなくて家族や他の誰かを治すために自分がステップをやるという人も多いんですね。
1 私たちはアディクションの影響に対して無力 、
ではなく、
2 思い通りに生きていけなくなっていたことを認め、
てもいない
というACがいるのは、AAに通っているからと言ってお酒をやめる気はさらさらない人が多いのと同じです。
いつかうまく飲めるかも、飲みたい。という下心があればステップをやったふりだけ。


1の説明としては、家族の飲酒をやめさせようとして、依存症を治そうとして、振り回され振り回して・・・でも結局どうにもできなかった。(かえってややこしくしたかも)
2のほうは家族の飲酒をやめさせることもできず依存症も治すこともできず、自分の人生もどうにもできず、その上家族以外の人をも振り回し振り回され・・・その結果、ただただ「参りました。」「負けました。」「ありません。」って将棋や囲碁だと負けた時に言うと思いますが、その状態で、お手上げ、万歳、この世から消えてなくなりたい・・・サイテー・・・

お酒の依存症の人の渇望と同じものとしては、悪い結果になるとしてもやりたい、やってしまう。
今度は違う結果になると思いたい。
ジョー・マキューの「嘘を信じている」と言うやつです。
お酒が入っていないACのクレイジーさが際立つとすれば、「違う結果にならなくてもかまわない」という優れて狂気な考えも普通にありで、そういう考えは飲み始めたらやめたくても止まらないと同じで、やり始めたら止まりません。

とりあえず、ステップ1は自分のどうしようもない状態を認めて助けてくれって言うこと。
ありのままを認めるのが難しいのは否認が強いと言うより助かりたくない、治りたくないという考えが強いと思います。
ステップをやらないとお酒を飲んで死んでしまうんだ、というのと同じで、ACもステップをやらないと生きていけなくなってしまうんだという一番最初の気づきのところです。
なにも難しくありません。
助かりたいと思うだけです。
何とかしないとならない。しかも、今までのやり方ではない方法でね。
助かりたいと思うのなら、助けてくださいと頭を下げなければなりません。
さあ、誰に頭を下げるんだ!?
[PR]
by office-nekonote | 2011-08-30 00:02 | AC | Comments(0)

ぐだぐだ

AAやアラノンのステップをやるのに、現在AAメンバーになった、アラノンメンバーになった原因を問いません。
強いていえば病気だからということがありますが、それはそれですでに免責してあるし。
なのになぜACのステップをやる時にぐだぐだとなるのか。
やってないからぐだぐだなのです。
ACで共依存って どうしてわけないとならないのか。
ACだったらそもそも共依存じゃないですか。
ACだからぐだぐだっては言わないでね。

基本ステップ以前のことでぐだぐだなのです。
ここでかなりぐだぐだのACさんたちを免責してますから、回復は自分の責任でお願いしますにゃ。

正直、ACブームを作った医療関係者に責任があると思っています。
当事者たちを集めておけば自助グループができて、回復できると勘違いした。
依存症本人たちでもそれを見破らずに(見破っていても)、親子関係がうんぬんだったと言うことで機能不全のおうちのACと言うことで、アル中さんちのACたちの群れに混ぜてしまったら、機能不全のおうちのACのほうが勢いが強くて、でも回復しないのでACOAのほうが絶滅危惧種状態。
共依存やAC概念が出来た当初と違って、日本に輸入されてからは、ずいぶん医療関係者の都合のよいように(女性差別がらみで)解釈され電報ゲーム的に流布してしまった。
また、トラウマやPTSD概念も入れてしまったので、ややこしいよね。
虐待があったのは本当だとしても、親子アスぺなど発達障害やADHD、統合失調症なども闇鍋状態。

そんなこんなの前提があるから、ACの人が分かち合いをしたくても 依存症をクリアししていないACたちに翻弄されてしまいます。
その逆も結構ありますが。
だから、自分たちは被害者だと思っていても、被害者性の治療回復すらできていないのです。

被害者だと思えるようになったのだって、正直ここしばらくでやっと認識できるようになった人たちだって多いはずなんです。
だいたい、アル中さんというものはお酒を飲むのを人のせいにします。
自分の人生がうまくいかないのも人のせいにします。
お前が悪いから俺は酒を飲まざるを得ないだ、という暴言を何度も聞かされた人は少なくないでしょう。
お前が悪いから俺は暴力をふるいたくもないのにふるわざるを得ないんだ、というのもありますね。
だから自分は加害者なんだと思い込まされて生きてきたACだっているわけです。

その親の責任や親の人生と、自分の責任と自分の人生を分けなければならないのですが、何年ミーティングに通っていても絡まっている。(てんめん状態)
何年も通っているのはまだいい方かもしれません。
ACはしばらく通うとそこそこ話が出来ればそれでミーティングをやめてしまう人も多いです。

子どものときに親から支配とコントロールばかりされてきたら、親以外の人から別の方法があることを教えてもらわなければそれ以外の生き方はできません。
できないことは自分の責任ではありません。
でも、それでやってしまったことに対しては大人の自分の責任です
以前も書いたことがあると思いますが、10数年前、あるダルクの施設長からこんな話を聞きました。
今時はAC本を持ってダルクに入所してくる若い人たちが多いけれど、AC本は捨てさせる。
そうじゃないと薬は止められないから。
家庭にいろいろ問題があるからこそ薬を使うのだろうと言うことは分かるけれど、先にAC本を読んでいたら薬は止められない。

ACの子供のころの虐待の影響などを先に治療回復させた方が良いのか、大人としての回復のステップを先にやった方が良いのかは、その人その人で違うので一概には言えません。
なんであれ、医療やカウンセリング、相互支援グループなどいくつかその時期に必要なものを使い分けることが必要なのです。
難点は、わかっていても、それだけ恵まれた状態の地方というのはなかなかないっていうところなんですが・・・

回復の形は自分では決められません。
こういう風な回復をしたいと思うことはできても、そのようには自分ではできません。
ときどきACで(ACに限らないか)、自分の回復は自分で決めると頑張る人がいますが、それは無理。
それを言っている間は回復はしません。
また、発達障碍系の人は(かくいうたま猫も代々そっち系じゃないかと思う。)回復しにくいです。
そうはいっても親にも事情があるからとやれやれと考えられる人は、定型発達系か社会性がある発達障碍系かなあ。
発達障碍系の人は、なにがなんでも相手が悪いと思いつつ、それとは別にものすごく被害者意識が強く自分に自信がなく、この三つは関係性がないと言う感じ。(ここのあたりはこういう人たちと接した時のたま猫の感じ方です。)

12ステップは1~12まで一回やって終わりというものではないので、とりあえず電車が揺れて踏むつもりはなかったのだけれど隣の人の足を踏んでしまったから「ごめんなさい」と言うところから始めても、何巡かする間には、それなりの回復はあると思います。
兎に角、自分が何とかしたいと思うところがあるのなら、または周りから何とかしてくれと言われるところがあるのなら、そこをとっかかりにしていくのが、わかりやすいかもしれません。
回復は自分の責任だから、もしかしたら回復そのものを周りが何かしてくれることにして回復させてほしがっているのがACという定義に自分でしてしまっていたのかも。
親にそれだけ甘えたかったんだよねえ・・・とそれはとてもよくわかるけれど、電車は停車したから足はどけてね。
周りは迷惑だから。
[PR]
by office-nekonote | 2011-08-18 00:00 | AC | Comments(0)

私の親はギフテッド

療育の参考にさせていただくブログのブログ主さんがツイッターもやってらっしゃいます。
ギフテッドとかチャレンジドっていうのは、キリスト教的価値観のもとで「なんでうちの子に障害が?」という問いに整合性をつけるために生まれた考えなのかなとも思います。


そうか・・・
まあ、そう思う人たちのほうが多数派なのかなって思いますけれど・・・

いつも思うのですが、
親が依存症だった時に、霊的にどうのこうのという12ステップは、こういう親御さんたちからすれば同様に「整合性をつけるため…」なのかなあと思うのです。

なんであれ、そらパパさんはしっかりした療育をするお父さんなのだけれど、そこまでなんだろうなあ。
それがいいとか悪いとかということではなくってね。
今度からACOAのたまちゃんです。」と言わずに「親がギフテッド(チャレンジド)のたまちゃんです。」と言ってみようかな。
でもそういうと、親が自閉症とか知的障害と勘違いされるのか。

親が・・・の立場と、子どもが・・・の立場の違いはすごいものがあるといつも思います。
「男性は火星人で女性は金星人だから・・・」と物のたとえによくつかわれますが、それ以上違う感じ。
@elt3day TAKUYA
13時間前:
海外では自閉症の子は「gifted」として、才能を与えられた子として育てられるけど、日本では、「集団に馴染めない子ども」としてしか見られない。そして、集団行動を強いられるために様々なことを強引に強制され、自尊心がボロボロに傷ついていってしまう。

そらパパ
@sora_papa そらパパ
ギフテッドとかチャレンジドっていうのは、キリスト教的価値観のもとで「なんでうちの子に障害が?」という問いに整合性をつけるために生まれた考えなのかなとも思います。RT @bunten: bit.ly/o50OB7 ギフテッドってのはポリチカリーコレクトな言い方として

sora_papa そらパパ
.@imymemii @ushinori 信心深いキリスト教徒の家に重い障害をもった子が生まれた場合、神への信仰の正しさや神の無謬性と子どもの障害との間に認知的不協和が生まれます。それを解消するために、ギフテッドやチャレンジという考え方がそういう文化圏にとっては必要なのでしょう。

imymemii Miho Takebe
@sora_papa ギフテッドやチャレンジドについて、そらパパさんもやっぱりその解釈だったんだなぁと納得しました。アメリカのキリスト教的価値観って感じがしますよね。

[PR]
by office-nekonote | 2011-07-10 18:40 | AC | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
二郎の日記
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42
のえりん様、人格障害でも..
by office-nekonote at 22:06
パンタタさん、こんにちは..
by office-nekonote at 16:08
こんなん見つけました。w..
by パンタタ☮ at 12:10

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧