カテゴリ:本( 609 )

新・こどもの虐待 ―生きる力が侵されるとき  

題名  新・こどもの虐待 ―生きる力が侵されるとき  

著者 森田ゆり   

出版社 岩波ブックレット

価格 税込み:609円

出版日 2004年6月

目次
1 心の手当てをする
  誰にも言えない子どもたち/あなたにもできる心の手当て/虐待は最近急増しているのか?/子どもの虐待対応の枠組み

2 公衆衛生の問題

3 子ども観と子どもの人権
  アビューズは「誤用」という意味/子どもの虐待のタイプ/子どもの虐待とは(乳児揺さぶり症候群ほか)

4 エンパワメントとレジリアンシー
  生きる力のみなもと/外的抑圧と内的抑圧/レジリアンシー(弾力性)/問題解決力を育てる三段階/CAPプログラム

5 体罰の六つの問題
  体罰を容認する風土/ 1 体罰は大人の感情のはけ口であることが多い/2 体罰は恐怖感でコントロールする/3 体罰は即効性がある/4 体罰はエスカレートする/5 体罰はほかの子どもにもダメージを与える/6 体罰は事故を引き起こす

6 怒りの仮面
  本当の感情に向き合う

7 性的虐待の深刻さ
  祖父からの近親姦/発生頻度/深刻なダメージ/母親との愛着関係という回復の特効薬/性的虐待の予防/性的虐待順応症候群/長崎の一二歳少年事件/性化行動を理解する/性への健康な興味か性化行動か/四つの基準

8 DV環境が及ぼす影響
  忘れられた被害者/被害の三つの類型/発達別のDV被害の影響

9 虐待に対応する四つの分野
  一軒の家にたとえると/児童虐待防止法の改正/学校の予防啓発と研修の責任/川のお話/介入と治療/MY TREEペアレンツ・プログラム

10 虐待されている子に出会ったら
  ガイドライン/虐待の兆候/虐待を受けた子どもの典型的な心理パターン/被虐待児との対話の技法/してはいけないこと

  参考文献

  改正児童虐待の防止等に関する法律(抄)
[PR]
by office-nekonote | 2004-06-01 00:00 | | Comments(2)

『虐待された子ども』

注文していた本がやっと来ました。
9,500円+税と言うのは大きいです・・・
6センチぐらい厚さはあって、(1275ページ)持ち運びしていると筋トレ出来てしまいそうです。分冊にしても良かったかも。その方が使いやすいかな。
中身は・・・日本では何でこのような本が書かれないんでしょうか。
気合を入れて読まなくては。
[PR]
by office-nekonote | 2004-02-18 15:19 | | Comments(0)

読書の秋じゃないな

忙しくなると、試験の前になると、長い本が読みたくなる・・・
 なんと困ったことに、ジェフリー・アーチャーの新刊が出てしまいました! 新潮文庫で『運命の息子』上下です。買ってしまいました。
 さすがに『獄中日記』までは買いませんでした。読みたいんですが。
 娘は娘用に12月3日~5日から期末テストなのに、石田衣良の新刊『池袋ウエストパークⅣ』を買ってきてしまいました。
 ねこの手通信に入れるイラストはクリスマスじゃなくてお年賀のものにしたほうがいい感じです (^-人-^)ニャ無
[PR]
by office-nekonote | 2003-12-01 17:20 | | Comments(0)

ファン心理

 娘が石田衣良の本をよく読むようになったので(直木賞作家)、というか、読むので私が(文庫本になっているのを)買ってくるようになったというか、(ちなみに『娼年』はマダ買っていません。)小説家の見た目を母子で雨夜の品定めをしています。
 先日NHK教育のしゃべり場にでていて、かっこいい!とおもってていたらしいのですが、その後、ダ・ヴィンチに写真が載っているの見て・・・
 最初から私はお顔は家のジミーちゃんに似ているといっていました。
 (ジミーちゃんというのはシャム系の猫なんですが、顔立ちが地味なのでジミーというのです。)
 しかも43歳で、奥さんと子どももいて・・・締め切り前は明治のアーモンドチョコを食べるオヤジだった。(作家でチョコレートを食べながら書く人は多いようですね。)
 でも救いは 重松清が40歳であの風貌だという点です。
 林まり子が徹子の部屋に出演していたらしいのですが、ananの写真より綺麗だったとのコト。私は林まり子がデビューから嫌いなので、彼女がやせても太っても本は読みません。

 そうそう、角川が野生時代を復刊しました。
 池澤夏樹がジュブナイル小説を書いたりなかなか豪華です。
 というか、私の感覚では中高生にバンバン読ませたいです。で、教育ママは娘のために早速買ってきました。なに、好きな作家の小説1本、読めればいいんです。それで他の作家をつまみぐいして、とっかかりが出来ればおまけです。文芸雑誌は隅から隅まで読まなければならないというものではありません。
 高校生のときは、私は海、すばる、現代詩手帳、ユリイカ、文学、思想、エピステーメーと読んでいました。
 20~30年前、県庁所在地に住んでいたというのは、新しい本が新聞の広告に載った日に立ち読みできる、ないしは買えるので 中々よいものではありました。
 父親の仕事柄、本だけはつけで変えました。

 海の復刊を誰かやってくれないかなあ。 
[PR]
by office-nekonote | 2003-11-15 17:31 | | Comments(0)

家族の内側からは決して分からない。

娘が 恩田陸や石田衣良の本に夢中です。村上春樹はエッセイ以外はお呼びではありません。

 「うつくしい子ども」石田衣良 文春文庫¥448+税
 p167
 
真夜中を過ぎて、ぼくたちはおやすみの挨拶をした。こんなふうにとうさんと話したのは初めてだった。明日の朝ご飯で顔をあわせるのが恥ずかしいだろうなと思った。でも、こういうのはうちの家族だけじゃないと思う。日本の家族のほとんどは、正面からぶつかりあわずに、お互いの胸の奥にある言葉を静かに推し量りながら暮らしている。
 うちのように壊れてしまった家族だって、それは変わらなかった。そうやって家族同士いたわりながら暮らすのは悪くはないし、とても素敵だとさえぼくは思う。だけど、問題なのは、時にはそれだけじゃ足りなくなるってことだ。そしてなにが足りないのか、家族の内側からは決して分からない

[PR]
by office-nekonote | 2003-10-28 18:08 | | Comments(0)

安心して見られる構造

Be!72号に当HPのお知らせを載せていただきました。
 「エクスプローラー以外のブラウザでも安心して見られる構造がウリ。」
  (/*^^*)/ハズカシ 他に安心して読めるところを増やしたく思います。
 
 そうそう、「こころの科学」最新号は薬物依存・乱用の特集です。
 こころの科学は読みやすい専門誌です。お勧めです。
[PR]
by office-nekonote | 2003-08-28 20:12 | | Comments(0)

ピタゴラススイッチ

久しぶりに「広告批評」を買いました。特集は「佐藤雅彦研究室」です。
 佐藤雅彦は、CMプランナー時代は「バザールでゴザール」などでヒットをたたき出し、「I.Q」などのゲームを作り「だんご三兄弟」で日本の話題をかっさらった人ですが、数年前より慶応の教授をやっています。
 慶応に移ってからの佐藤雅彦研究室では NHKの「ピタゴラスイッチ」を作っています。
 娘も「毎月新聞」をよんだりして 母子でもともとこの人に興味があったのと、大学の研究室の特集でもあるので こういう授業もあると教育ママ的な視点でも娘に読ませたいと思ったのです。
 おもしろい。
 「SFC]=慶応大学湘南藤沢キャンパス=慶応大学環境情報学部と言うのは、全国に先駆けてAO入試やコンピューター教育をはじめた所で有名ですが、何をやっているのか分かりませんでした。おもしろそうな所です。お金が要るなあというのと、授業が大人数なのが気に食わないけれど。(だって佐藤雅彦の授業が初年度800人、その後調整して400人・・・考えてしまいます。)
 佐藤雅彦はこのSFCの教授です。慶応の教授としてお迎えしたいというメールが来て、「作り方を作ることを教えたい」と言うことを人事委員会で言ったら、大学の方針と一致したと言うことで99年よりやっているそうです。
 まともに数学と物理の世界でやっているようで、たとえばアルゴリズム体操と言うのも、もともとのアルゴリズムと言う計算幾何学の言葉で「アル問題を解決するための終了が保証された手順・方式」と言う意味を、佐藤研究室ではより広義に解釈して「アル目的のための一定の手順」として扱って作ったものなんだそうです。
 その他、彼や研究室の作品は、へぇ・・・なる・・・というものばかりでした。
 教育者としてもなかなか優れた人のようでした。
 私は子どもには、作る人になってもらいたいとは思っています。なにとはいいませんが、作る人。
 広告批評の後ろに、広告学校の秋からの講義の募集が乗っていましたが、娘がこれが9万円なんて安いねえ・・・ほんと、そうだねえ・・・
[PR]
by office-nekonote | 2003-08-15 20:24 | | Comments(0)

社会参加権

そうなんです、ACもDVもあなたは被害者なんですよ、と同じ人に何度となく言っていても次に会う時には綺麗さっぱり消えています。
 アルコールの夫婦を見ていて 愛していないのに結婚したのを良く否認できるなと、20年前、家族の会などに出ていてさんざん感じました。子ども達は大抵感じているみたい。ある程度暮らしていれば それなりになじんではきますが。相手を利用しているところがみえみえなのに なんでかっこうつけたがるんだろう、と思ってました。正直言ってしまえば、身もふたもないからねえ。それでもしきりなおせば良いのに、幻想の続き続けてしまう。二人してそういうときだけ利害は一致するので仲が良いんだ。
 そのときの変な感じが信田さんの本を読んでいて、蘇ってきました。と言うのはその考えはある治療者達に抹殺されてしまったからです。
 社会参加権の問題だったのか。
 私の母が正妻の座にこだわったのは 嫉妬や怒りだけではなく 教授夫人と言う立場にしがみつくためであるとは感じていて、なんで自分が教師の仕事をしているのにそれで勝負しないのかと中・高のとき謎だったのですが、自分の力で社会参加しているより夫の身分で社会参加をするほうを母はえらんでしたのか。
 なんかなあ・・・しらけてしまうなあ・・・

 そのほか、YOMIURI WEEKLY(ヨミウリウイークリー)7月27日号が「依存する女達」の特集です。メール、チャット、バカラ、買い物等々新しめの依存対象が載っていますが、対処法は変わりませんので図書館で読んでもイイのかな。買ってしまいましたが…週刊朝日もヨミウリも長崎12歳事件が載ってます。新潮45と公論と世界を今月買うことになるのでしょうか
[PR]
by office-nekonote | 2003-07-15 20:37 | | Comments(0)

当事者性

「愛しすぎる家族が壊れるとき」信田さよ子(岩波)を帰りの電車の中で読んでいました。
 親と子どもの免責競争もすごいですが、家族内暴力から見えてくる権力関係ー人はいかにして「当事者」となるのかーは非常に良くわかります。

 権力とは状況の定義権である。権力者によって定義された状況を支配的物語と呼ぶが、カウンセリングの現場に出てくる人達は被害者だと言う意識が無い、加害者と言う意識が無い。当事者がいないというおかしな臨床現場である。それは愛情ではなくて暴力だと再定義しても、時として被害者は加害者の病理性を解明しようと嗜癖的にすらなる。殴る夫は病気なのだと考えれば、夫を治せるのは妻であり、夫は可愛そうな人ととしてまるで妻に権力を奪われたかのようにさえ見える。
 何ゆえ被害者と言う当事者性を避けるのかと言うと、夫に所属する妻と言う立場で男性が中心になって形成されている社会に参入できるからで、被害・加害の関係にあると認めることは夫婦であることの幻想、愛情があるから結婚したと言う幻想を覆してしまう。
 そのような当事者性の不在こそが多くの家族内暴力の特色であるなら、当事者性をいかに構築するかが援助者の最大の課題になるだろう。
[PR]
by office-nekonote | 2003-07-15 20:37 | | Comments(0)

気持ちの本

題名 気持ちの本  
 
著者 森田ゆり 
 
出版社 童話館出版

価格 税込み1,470円

出版日 2003年7月
[PR]
by office-nekonote | 2003-07-01 00:00 | | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

上岡はるえは依存性の女性..
by 上岡はるえに疑問 at 03:11
これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧