「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:子どもたち( 106 )

「子どもを傷つけてしまうかもしれない」という不安を持つママへ。気づきから変化への3ステップ。

「子どもを傷つけてしまうかもしれない」という不安を持つママへ。気づきから変化への3ステップ。
2015年5月17日更新  by@ここまり
https://mamanoko.jp/articles/8992
[PR]
by office-nekonote | 2015-05-17 23:00 | 子どもたち | Comments(0)

中3で九九を勉強…今そこにある「教育格差」

中3で九九を勉強…今そこにある「教育格差」〈AERA〉
dot. 5月17日(日)16時9分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article…
魚拓

http://megalodon.jp/2015-0517-2235-56/zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150517-00000004-sasahi-life
[PR]
by office-nekonote | 2015-05-17 22:00 | 子どもたち | Comments(0)

子供の家見学

c0011446_0291350.jpg

c0011446_0292386.jpg
c0011446_0293212.jpg
c0011446_0294218.jpg
c0011446_0295153.jpg

子供の家の見学会
久しぶりに小さい人たちが沢山遊んでいるところを見ました。
思えばここのところ大人ばかり相手にしているので、いささか淋しい毎日です。
[PR]
by office-nekonote | 2015-05-11 00:30 | 子どもたち | Comments(0)

子どもの貧困対策訴える 民間団体設立へ

子どもの貧困対策訴える 民間団体設立へ
4月28日 21時00分
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=c0011446
魚拓
http://megalodon.jp/2015-0502-2237-13/www3.nhk.or.jp/news/html/20150428/k10010064231000.html
ひとり親家庭の増加などを背景に貧困に悩む子どもたちが増えているとして、親を亡くした大学生や子どもの支援を行っているNPOなどが、子どもの貧困対策や支援の在り方などを政府に提言していく民間団体を新たに設立することになり、28日、都内で記者会見しました。
貧困状態にある17歳以下の子どもの割合を示した「子どもの貧困率」は平成24年は16.3%で、6人に1人に上っています。
こうした状況を受けて政府は今月2日、対策を強化するための国民運動を展開していくことを決めました。
これに合わせて民間でも取り組みを進めようと、親が亡くなり経済的に厳しい状況に置かれた大学生や子どもの支援を行っているNPOなどが新たな団体を設立することを決め、28日、都内で設立準備会のメンバーが記者会見しました。
この中では、貧困に悩む子どもたちは夢や進学を諦めているなどと現状を訴えたうえで、今後、生活の実態調査を行ったり進学のための支援モデルを作ったりするほか、政府に対して対策や支援について提言していく方針を明らかにしました。
団体の設立準備会の代表の小河光治さんは「将来の社会を担う子どもたちに手を差し伸べる仕組みを作っていきたい」と話していました。
団体はことし6月に発足するということです。

[PR]
by office-nekonote | 2015-04-28 21:00 | 子どもたち | Comments(0)

「子どもの貧困」連鎖断つ 学生らが先生役・食事提供も

「子どもの貧困」連鎖断つ 学生らが先生役・食事提供も
朝日新聞 2015年4月12日00時32分
http://www.asahi.com/articles/ASH4C2QVHH4CUTFK001.html
http://megalodon.jp/2015-0415-2217-23/www.asahi.com/articles/ASH4C2QVHH4CUTFK001.html
[PR]
by office-nekonote | 2015-04-12 10:00 | 子どもたち | Comments(0)

子どもをスリランカへ返還命令「ハーグ条約」国内初適用か――大阪家裁が判断

子どもをスリランカへ返還命令「ハーグ条約」国内初適用か――大阪家裁が判断
弁護士ドットコム  2014年11月19日 15時35分
「妻が無断で子どもを日本に連れ帰った」として、スリランカ在住の40代の日本人男性が、子どもの返還を求めた審判で、大阪家裁は11月19日、ハーグ条約に基づいて、4歳の子どもをスリランカに返還するよう命じる決定を出した。

ハーグ条約は、両親の一方が16歳未満の子どもを国外に連れ出した場合、原則として元の国に戻すと規定している。今年4月に日本が条約に正式加盟した後、日本の裁判所による返還命令が明らかになるのは初めてとみられる。

今回の父母はいずれも日本人。大阪家裁の決定によると、父母と子どもは昨年2月、父親の事業のためにスリランカに渡航し、スリランカで暮らしていた。今年6月、家族は日本に一時帰国。当初は8月末にスリランカに戻る予定だった。

しかし7月、母親が子どもをスリランカに戻す意思はないと父親に告げ、子どもを日本に留め置いた。そのため父親は、ハーグ条約に基づいて、子どもをスリランカに戻すよう申し立てていた。

裁判所は、家族3人がスリランカで居住ビザを得て生活をしていることや、子どもがスリランカの学校に通学していて、9月以降も通学予定だったことなどから、「子どもの常居所はスリランカ」と認定。母親が子どもを日本に留め置いたことは、子どもに対する監護権の侵害だとして、子どもをスリランカに戻すよう命じた。

●子どもを「元の国に戻すところまで」

父親の代理人をつとめる小島幸保弁護士は今回の決定について、次のように話した。

「ハーグ条約の正式名称は、『国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約』といいます。

今回の手続はあくまで、このハーグ条約に基づいて、『子どもを元の国に戻す』というものです。

たとえばこれが、離婚にあたって、父母のどちらかが親権を得ることになるのかという問題になると、法的な手続で解決するには時間がかかります。

しかし、ハーグ条約に基づく子の返還請求手続では、申立から6週間以内に決定を出さなければならないことになっていて、素早く結論が出るのが特徴です」

家族は今後、どうなるのだろうか?

小島弁護士は「決定に対しては不服申立ができます。また、子どもが元の国に戻った後、家族がどのように対応するのかは全く別の問題です。元のように家族で一緒に暮らすのか、そうでないのか。今後どのような選択をするかは、ご夫婦があらためて決断することです」と述べていた。

http://www.bengo4.com/topics/2308/
魚拓
http://megalodon.jp/2014-1119-2149-42/www.bengo4.com/topics/2308/
[PR]
by office-nekonote | 2014-11-19 21:50 | 子どもたち | Comments(0)

母子家庭:貧困から救え 大阪の市民団体が調査

母子家庭:貧困から救え 大阪の市民団体が調査
毎日新聞 2013年07月27日
大阪を中心とした市民でつくる団体「大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO)」が、貧困や孤立などで生活が不安定な府内のシングルマザー約100人を対象に、どのようなサポートが必要かを聞き取る調査を進めている。成育歴から現在の生活状況まで丁寧に聞き取り、貧困率の高い母子家庭を孤立させないための有効策を考えるのが狙いだ。

 CPAOは、大阪市北区天満のマンションで今年5月に母子の遺体が見つかった事件を受け、子ども支援に関わるNPOスタッフや保育士らで同月末に設立。「就学援助率、生活保護率が全国ワーストクラスの大阪から、母親の厳しい生活実態を明らかにしたい」と、国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」(東京都千代田区)と共同で、7月から本格的に調査を始めた。

 対象は、経済状況が厳しい▽親からの虐待やDV(配偶者間暴力)の被害経験がある▽障害がある−−など、生活に何らかの不安を抱える母親。調査に応じたある女性は半年前に離婚し、月約11万円のパート収入と、児童扶養手当、養育費など約15万円で子ども2人を育てる。節約のため自分の食事を抜く時期もあり、離婚前から5キロ以上やせた。だが周囲には「(母子家庭は手当がもらえるから)働かなくてもいいんでしょ」などと言う人もおり、「相談するところがない」と感じている。

 CPAO代表の徳丸由紀子さん(42)は「困っているのに『まだ大丈夫』とギリギリまで頑張ってしまう女性が多く、一歩間違えば、北区の事件のように危険な状況に陥るのではと感じる母親もいる」と話す。来年7月までに調査を終え、政策提言や支援事業につなげる予定だ。8月2日午後7時から、大阪市浪速区の難波市民学習センターでCPAOの設立記念フォーラムが開かれる。問い合わせはメールでinfo@cpao0524.orgまで。【反橋希美】

http://megalodon.jp/2013-0728-0112-39/mainichi.jp/select/news/20130727k0000e040224000c.html
[PR]
by office-nekonote | 2013-07-28 01:13 | 子どもたち | Comments(0)

離婚夫婦の子ども、引き離しは「原則自宅」に

c0011446_23481974.jpg

離婚夫婦の子ども、引き離しは「原則自宅」に  
読売新聞  2013年5月11
http://megalodon.jp/2013-0511-2346-17/www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20130511-OYT8T00367.htm
[PR]
by office-nekonote | 2013-05-11 23:48 | 子どもたち | Comments(0)

くらし☆解説 「増える国際離婚 子供を守るには」

くらし☆解説 「増える国際離婚 子供を守るには」2012年05月09日 (水)
http://megalodon.jp/2013-0317-2334-27/www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/119832.html

DV夫を迎えられるか? “人身御供”にされた「ハーグ条約加盟」3つの課題
産経新聞 2013/03/03 14:32更新

http://megalodon.jp/2013-0317-2339-12/www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/634944/
 【大阪から世界を読む】

 国際結婚が破綻した際の子供の扱いを定めたハーグ条約に、日本が加盟する見通しとなった。条約をめぐっては、加盟を強く求めていたオバマ米大統領に対し、安倍晋三首相が首脳会談で「早期加盟に努力する」と表明。民主党政権下で深まりをみせなかった日米の関係改善の象徴のひとつとなった。ただ、懸案はある。例えば、夫の暴力や酒乱、薬物中毒などを理由に帰国する日本人の母子などへの対応だ。課題を探る。

 ■司法が独自の判断下せるか

 「条約加盟によってDV被害からの逃げ道がなくなる」

 「子の監督者として不適切でも、外国の裁判所は共同親権を認め、定期的な面接も命じる」

 平成22年に外務省が在外公館やホームページなどで行ったハーグ条約に関連する調査には、外国から子供を連れて帰国した母親たちのそんな意見が寄せられている。

 調査の回答者64人のうち、外国から子供を連れて帰国したのは18件。逆に子供を海外に連れ去られる例は計19件でほぼ同数だ。残る27件は移動制限が設けられていると回答している。

 日本人の母親が子供を連れ帰る場合ではやはり、外国人の元夫によるドメスティック・バイオレンス(DV)被害や薬物乱用、酒乱などが「帰国の理由」となっているようだ。こうしたケースで、日本司法が負う責任は大きい。

関連記事

【よくわかるニュースQ&A】ハーグ条…
訪米前に取り組みアピール 自公両党、…

記事本文の続き 条約に加盟すると、例えば、外国人の元夫から、日本に帰国した子供の所在を探すように申請を受けると、日本の中央当局(外務省)がそれを調べた後、東京・大阪家裁が返還の可否を判断しなければならない。

 DVや子供への虐待、薬物中毒の有無など、なぜ母親が帰国せざるを得なかったかを調査する。ただ、実際には相手国の捜査機関の協力を得て、内容を吟味することになる。そうであれば独自の判断は難しく、相手国の調査からかけ離れた判断が下されるとは考えにくい。極端に言えば、十分な調査内容、協力を得られるのかとの不安は残るし、実態とはかけ離れた判断が出る可能性もなくはない。

 ■親権めぐる解釈の違いは解消できる?

 前民主党政権下では慎重論もあった自民、公明両党は2月19日、条約の承認案と関連法案を了承。その際の合同部会でも、DV被害などの実情を考慮して、子供の返還を拒否できる仕組みづくり、在外公館の支援のあり方などを求める意見があったという。

 これをクリアできたとしても、未成年の子供を監護・教育し、その財産を管理する、いわゆる「親権」に対する考え方の違いという難問は残る。

 過去には、兵庫県の女性が、米国で離婚訴訟中に子供とともに帰国した際、子供を連れ去ったとして親権妨害の罪で刑事裁判を受け、その後、女性はハワイに滞在中に逮捕される事態に至った。

 離婚しても双方が親権を持つ「共同親権」が一般的な欧米に対し、日本では幼い子供の場合、母親に親権が認められることが多い。この女性の場合、日本では、女性に単独親権を認められたが、米国では男性に単独親権が認められた。

 22年の外務省の調査でも共同親権をめぐり、民法上の「違い」を解消しなければ、条約加盟はむしろデメリットになるとの指摘があった。

 ■政治の「知恵」が出せるか

 「子供の立場に立っても考えないといけない。国際的なルールがあることが大切だ。今国会で、承認が得られるよう努力をしていく」

 首相は2月22日(日本時間同23日)の日米首脳会談後、条約加盟についてそう表明した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や米軍普天間飛行場の移設問題など、日米間には懸案事項が山積しており、首脳会談での表明は、首相の「手土産」の印象は拭えない。

 ハーグ条約の判例データベースをもとに、日本弁護士会が平成23年に出した報告書によると、対象の874件のうち約46%の405件が返還命令を出しており、申立棄却と返還拒否をあわせた不返還は318件だった。

 もっとも、悪いことばかりではない。

 国外に子供を連れ出された場合、その所在地などを自力で探し出す必要がなくなり、日本に戻せる可能性が増える。自力で子供の居場所を探すには限界があり、加盟によって国家機関がそれに関与できれば、「連れ去った方が有利という状況を変えられる」(外務省調査)との指摘もある。

 子供にとって最善を尽くすために、どんな仕組みが必要なのか。政治判断は進んだ。加盟が実効性を持つために、今度は、政治の「知恵」が問われる。

 ハーグ条約は国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約が正式名。1983年に発効し、欧米を中心に89カ国が加盟している。国際結婚が破綻した際、16歳未満の子供を一方の親が無断で国外に連れ出した場合、いったん元の国に戻すのが原則。加盟国のうち米、英、仏、カナダの4カ国がこのルールにのっとって日本の外務省に提起した事案は計200件近くに及ぶとされる。


国際結婚が破綻した夫婦間で子供の奪い合いが起きた際の対処を定めた「ハーグ条約」の承認案、関連法案は5月にも国会で承認、成立する見通しです。

 Q ハーグ条約はどのような内容ですか

 A 規定されているのは、一方の親が無断で子供を国外へ連れ去り、もう一方の親が会えなくなる問題を解決する国際的なルールです。1980年にオランダのハーグ国際私法会議で採択され、83年に発効しました。

 Q 何カ国が加盟していますか

 A 今年2月1日現在、米国や欧州連合(EU)の全ての加盟国(27カ国)、韓国、タイなど計89カ国です。

 Q 日本はなぜ加盟する必要があるのですか

 A 日本人の国際結婚は80年代後半から急増し、2011年には年間約2万6000組のカップルが誕生しました。結婚生活の破綻や離婚も増加傾向。その後の子供の養育をめぐり、一方の親による日本国内外への連れ去りが問題化してきました。主要国(G8)で日本だけが未加盟で、双方の国が加盟しないと効力が生じず、欧米から加盟を迫られています。

 Q 問題解決の方法は

 A 元の居住国に子供を戻すのを原則としています。国外から連れ帰った子供の所在を調べる政府機関「中央当局」を設置し、元の国に返す手続きを定めています。子供の利益を最重視し「慣れ親しんだ元の居住国に戻すのが最善」との立場です。親権や養育の問題は元の居住国の裁判で決めることを想定しています。

関連記事

訪米前に取り組みアピール 自公両党、…
ハーグ条約、与党19日に了承へ

記事本文の続き Q 具体的な手続きを教えてください

 A 離婚した日本人の元妻が子供を無断で連れ帰った場合では、海外に残る元夫が日本の「中央当局」(外務省内に設置予定)に対し、返還働き掛けの援助申請を行います。

 Q その後は

 A 日本の中央当局は両者の仲介役として、元妻に当事者間の解決を呼び掛けます。うまくいかなければ、元夫は日本の裁判所に返還を申し立て可否の判断を求めます。日本から子供が連れ去られた場合も同様で、残された親が相手国側に申請します。

 Q 裁判所はどのように判断しますか

 A 申し立てが連れ去りから1年以内で、不法と判断すれば、返還命令が出ます。命令を拒めば、強制執行による返還措置が講じられます。

 Q 返還手続き導入に懸念はありますか

 A 元の居住国での家庭内暴力(DV)により逃げ帰ったケースで、子供を戻せば、再び被害を受けかねないとの声が出ています。裁判所はこうした事情を考慮し、返還拒否の判断を下すこともあります。

 (SANKEI EXPRESS)

       ◇

 ≪米、日本に加盟圧力強める≫

 2月22日に行われた日米首脳、外相会談では「ハーグ条約」への日本の加盟問題も議題となった。日本側は前向きに取り組む姿勢を説明、米側は歓迎の意を示したという。

 米政府当局者らは、日本の国会が5月にも条約加盟を承認する見込みが強まっていることを注視。日本は今後、早急な加盟手続きを求められそうだ。

 この問題を人権問題として重視する米国は「取り扱いを間違えれば潜在的には爆発するような重要案件だ」(ルース駐日大使)と警告してきた。

 米政府は、子供の連れ去りを「拉致」と同じ英語で表現。日本の条約加盟を「最大の優先事項の一つ」(国務省当局者)として、日本との会談に強い姿勢で臨んだ。

 米国内では一時期、北朝鮮による日本人拉致事件と同一視する論調まで登場。日本政府内では「安全保障問題を除く日米間の最大懸案だ」との声も出たほどだ。

 条約は原則的に子供を元の居住国に戻すことを規定するが、日本は先進7カ国中、唯一未加盟のままで、米国は他の先進国と歩調を合わせて圧力を強めていた。

 (共同/SANKEI EXPRESS)

[PR]
by office-nekonote | 2013-03-17 23:44 | 子どもたち | Comments(0)

子どもの自立

c0011446_2391031.jpg

c0011446_2310167.jpg

c0011446_23104111.jpg

[PR]
by office-nekonote | 2013-03-07 23:07 | 子どもたち | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
二郎の日記
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42
のえりん様、人格障害でも..
by office-nekonote at 22:06
パンタタさん、こんにちは..
by office-nekonote at 16:08
こんなん見つけました。w..
by パンタタ☮ at 12:10

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧