<   2006年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧

飲まないアル中

たま猫のブログには 日記のころから ACや共依存家族より お酒のご本人様のほうのご訪問が多いような気がしています。
というか、今さらな話ですが、多分そう。

ACは飲まないアル中と言われてますから(頭は共依存のママ、行動は飲んでいるパパ)、パパさんたちのほうがACのことが気になるのかな。

同じ共依存関係で妻の立場の人たちと子どもの立場の人たちが混ざってやっていたことがあります。
私のマザーグループは残念ながらその自助グループの当局につぶされました。この当局の女性が(ずいぶんお世話になりましたが)私の母と同じ年で背格好も同じぐらいなので、良いことも悪いことも母と重なりがちなのもきつかったです。
結果、スポンサーたちは新たに12ステップグループを立ち上げるしかなかったのでした。
マザーグループはなかなかさばけたところで、立場がほかのグループに比べるといろいろな人が混ざっていたので楽でした。
まじ(はしたない言い方ですが、こういう感じ)、奥方たちばかりのところに1人だけというのは、この年になって何とか慣れてきた感じがします。
共依存の家族のグループで、お母さんの機嫌を損ねたらどうしようとふと首の後ろがぞくっとするのです。
同じ共依存のステップでOKのはずなのですが、どうも微妙に具合が悪い。
それは奥さんからすれば飲んでいるご本人は困りものですが、小さいころは言うことを聞いてくれた子どもたちがそこそこ大きくなるとお母さんの言うことを聞かなくなってくることによる裏切られる感じと、子どもからすれば両親とも自分にとっては加害者なので、下手をするとお互いの利害関係がぶつかりからではないかと思います。

子どもからすると飲んでいるお父さんのほうがわかりやすい。(酔った勢いで子どもをレイプする実父というのもたまりませんが、見てみぬふりをする母親にはもっと子どもの怒りはとりあえず向かいます。見てみぬふりするしかない女性の立場というものが、社会的に力を持たされていないことからきているとわかっていても。)
だから、DVで、暴力ばかりで学習性無力感で打ちひしがれているのだろうお母さんでも、子どもからすれば守って欲しいのですが、どうにもならない事情ばかりで、子どもがお母さんを守らないとならないことがたくさんあります。
悪いのは父親なのですが、子どもからすると父親に直接異議申し立てができないし、母親に当たるわけです。

お父さんの子ども支配も身勝手なのですが、とりあえずお酒が飲める間は、(会社は休み休みながらも首がつながっていて、最低限収入があり、まだ飲める体であれば)、最悪酔いつぶす手が使えます。
お酒をやめるお父さんにはその手は使えませんし、ドライドランクで酒を飲んでくれたほうがましなことも多々あるので、お父さんの機嫌が悪くなるのは死活問題です。
断酒会やAAに行き始めは、そこら辺の加減がわからないし、これを言うと飲まれたら困るとつい思ってしまうので、これは家族たちは共同戦線を張ったこともあります。
で、実際何気なしにいった言葉で 飲まれたことはまずなく(と思っています。)逆にさんざんお父さんたちに泣かれました。
いきなり自販機のお酒を目の前で飲まれたことが何回もありますが、(こちらはもう、まっつぁおでございます。)私はもちろん誰かの言ったことということでも ないようでした。
断酒会の研修旅行であちこち行くようになって、「父が飲んでいたときはこんなに福島県内旅行したことがなかった。」で、借切りのマイクロバスの中でお父さんたちを泣かせました。
夫婦喧嘩を断酒会で始められて、自分の親でないのに「お父さんもお母さんもやめて!」でまた会場内すすりなきとか・・・
「子どもの話を聞くと申し訳なくて酒飲んで死にたくなる。」と泣かれたり(酒飲んでは余計だ。)・・・
ご本人様たちがよく泣くのは感情失禁かもしれません。
あんまり泣かれると、いきなり怒られたときと同じで、こちらが悪いことを言ったかとどきどきします。
奥方たちはそうそうは泣きません。
これは冷たいわけではなく、泣いている暇が無いためだと思います。

本来は、同じぐらいに本人も家族もそれぞれの回復の場所が与えられるべきなのですが、地域差があってなかなか上手くいきません。
断酒会やAAの数ほど、家族や子どものグループの数が欲しい。
そして、子どもが地元で通えるような環境も欲しいと思います。

明日は子どもと長野までコンタクトレンズを買いに行くついでに、東急のソニープラザとか文房具屋とか見て歩こうかと予定していました。
春休みの宿題帳がはかどらないようで、子どもに辞退されてしまいました。
明日はどうぶつの森のフリーマーケットの日ですが、それどころではないらしい。
しなの鉄道の電車の中で、どうぶつの森を攻略本を見ながら一人黙々とやっているおばさんがいたら、たま猫でございます。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-31 23:42 | AC | Comments(5)

カブ価

どうぶつの森で日曜日に買った赤カブの種を植えて毎日世話をしました。
今日売ったら8,000ベルになりました。
明日土曜日まで待ってもいいかなとは思ったのですが、ツネキチさんのイナリ家具店で売られていたビニールプールとアヒルちゃんが気になってどうしようかと思い、現金化しました。明日まで待てば16,000ベルだったのね。
「(´へ`;ウーム
白カブはためしに10株(@106ベル×10)買ったものを、水曜日に@141ベル×10で売りました。
ローンは着々と返しております。
早く部屋を広げてもう一部屋増やしたいのです。
現実にはこんなに着々とローンの返済や貯金はできません。
ヾ(*゚~゚*)ノヤレヤレ…

あー、仕事だ仕事・・・

エクセルはあせればあせるほど意地悪っ子になります。
白紙のエクセルではなく、提出用の書類の書式が入っている便利なBookのはずなのですが、なかなかにすっとこどっこいであります。
上の親知らずが痛んで薬を飲んでいますが、エクセルと対峙していると(そんなすごいことでないのですが)奥歯をきりきりとかんでいるので痛み止めの薬が効きません。
なんとか午後6時にはメールで送りましたが、どっと疲れました。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-31 13:30 | その日暮し | Comments(1)

ナルニア国

c0011446_21213236.jpg「ウォルスとグルミット」と「ナルニア国」を見てきました。
今日は レディースデーなので女性だと1,000円です。オットォ!(・o・ノ)ノ~の夕食の心配が無ければ「THE 有頂天ホテル」も見たのですが。
久々の2本立てのつもりということで子どもと見てきました。
朝から結構映画館は混んでいました。付き添いのお母さんかおばあちゃんの映画代を安く抑えるためでしょう。ドラえもんにワンピースに延々並んで待っています。子どもに「小さいころ、ああやって並んでみたの?」と聞かれて「そうだよ。」と言いました。小諸に映画館が無く、佐久平のシネコンも無かったので、上田か長野まで電車で連れて行って見せたものでした。
「ウォルスとグルミット」も「ナルニア国字幕」も思ったより混んでいました。
「ウォルスとグルミット」はオスカーをとったはずですが、今ひとつ大味な感じでした。でもやっぱり笑ってしまいます。
「ナルニア国」は小学校のときに順々に出版されるのを読んできた私としては、岩波の古い本の感じが良く出ていて感激的でした。
40年近く前の岩波のシリーズを今でも持っています。
難を言えば、悪の側のクリーチャーが魅力不足と(指輪と同じ人たちの製作担当のようですが、今ひとつ毒が無い。)話をするどうぶつという設定なので仕方ないのですが、クリーチャーの中に動物が混じると(もちろん生のではないにしても)現実に戻されてしまう感じがするというところででしょう。
火と水は特撮でもサイズがどうにも拡大縮小難しいように、動物もクリーチャーに混じると浮いてしまうのですね。
それはともかく、三つあみの女の子ではありませんでしたが、ボブカットのルーシーが長年読んできた岩波の本の絵と同じように自然になじんで見えます。
傘をさしてタムナスさんが雪の中を歩いてくるところなど、「本当だ!どうして!」という感じです。
子どもはタムナスさんが好みのタイプだったらしく大満足でありました。
イギリス人はどこに行ってもお茶とトーストとケーキが切り離せないのが映画の中に随所で出てきてクスクス笑ってしまいます。
ビーバーさん夫婦のお家でのフィッシュアンドチップスのチップスが木片のチップスだったりするところなどは個人的に大うけです。
「最後の戦い」ではスーザンがストッキングやお化粧やら何やらで大人になってしまいナルニアに戻れなくなっていたり、列車事故で家族ごと亡くなってナルニアにずっと居ても良くなることなど先に知っているのでなんとしてもやきもきするのですが、子役4人はうまい配役だったとと思います。(ネタばれですが最後が映画になるころには10年ぐらいは経つでしょうから許してください。)
アスランのライオンぶりは今ひとつライオン過ぎて、いくら本物ではなくてもちょっと困りました。
でも大方二重丸で孫にも見せたい映画で、これもシリーズにぜひなってほしいです。
1940年代のイギリスと言う感じが良く出ていて、ディズニー特有のアメリカくさいところが無くグッジョブです。
子どもたちのファッションもこなれてして、ピーターやエドマンドのズボン・半ズボンのすそがちゃんとダブルになっていて、ピーターの紐靴がキチンと磨かれていたり女の子たちの新品ではないにしてもキチンと手入れされているワンピースや厚手のニーソックスの感じとか、このごろ日本映画やTV番組で見る清潔感の無い子どもたちと違って安心できます。毎日風呂には入っているのでしょうが清潔感がないと言うのはなんとも私はダメなのです。
c0011446_21225877.jpg
さて、やっと子どもが「SWICH」のDVDを見せてくれました。
大泉洋の「どうでしょう。」をビデオ屋で借りたかったようですが、レンタル用ではないそうでした。
ハルイチさんの新連載が「スラッガー」という野球雑誌に載るそうですが、小諸では扱っていないようで機嫌が悪かったのでしたが、晩御飯にはるチャンを食べ「SWICH」DVDを見始めたらあっという間にご機嫌が良くなりました。
写真は「はるチャン」(はるさめチャンポン)です。
子どもがハルイチさんのファンなので、猫の名前がハルちゃん、どうぶつの森の村の名前もハル村、友達がハルカちゃんなのでハルちゃんという受け狙いだけの話です。
「SWICH」のDVDで10月3日の松本のライブの一部もあって、ライブに行った親子としては、ハイテンションでございます。武道館にも行った子どもはゆとりを持ってみております。
(´▽`) ホッ
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-29 21:31 | 映画・美術 | Comments(10)

ストレス三昧

予約した人の特典で、一般発売より一日早くCDやDVDをゲットすることをフライングゲット、略してフラゲというそうです。
ということで、アマゾンでポルノの昨年のコンサートツアーのDVD「SWITCH」が届きました。
でも子どもが春休みの第一関門の宿題帳を今晩中に仕上げないと見られません。
何のためのフラゲだと思わなくはないのですが、手元にあると落ち着くらしいので、しょうがない・・・
「世にも奇妙な物語」の話のひとつに弟が出るので、普段は見ない番組を見る予定なのですが、その前にさんま御殿を見てしまってはいつまでたっても宿題帳は終わりそうもないです。
c0011446_20201219.jpg(画面左手大きな人物が松潤、小さく見える人事担当者3人並んでいますが、向かって左が弟です。何のことだかわからない写真であります。)
今日の朝日新聞を読んでいたら島田雅彦が文芸時評が最後とのことで吼えまくっていました。
今日は朝からストレスの塊のような仕事だったので、思わず「もっと言わんか!」と肩入れしていしまいました。
明日は「ウォルスとグルミット」と「ナルニア国」を見に行きます。
本と頭をはずして中身を洗濯したいです。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-28 21:02 | その日暮し | Comments(5)

年度末

幼稚園にぬいぐるみを献品してきました。
主任の先生が三月末いっぱいで退職ということでした。
教会の信者さんなので教会でお会いできるとは思いますが、いつも幼稚園に行けばいらっしゃると安心していました。
オットォ!(・o・ノ)ノ~の2~3才妹さんでしたので、定年かなとは思うのですが、いささかさびしいです。
新しい主任の先生は子どもが幼稚園にいたころの新卒の先生でした。信者さんでないので、何かと不安な気がするのは、信者のわがままでしょうか。

「どうぶつの森」にはまっています。
こんなにはまるとは思いませんでした。朝起きてちょっとだけということで30分以上触り、掃除などの家事労働の一休みでまた30分以上触っています。
私にもできるというのがなんともいえなく満足します。
ゲームがやめられない子どもの気持ちが良くわかりました。
昨日は白かぶ10株と赤カブの種を買い赤カブを植えました。
家のローンは着々と返しています。子ども用に缶バッジつきのニット帽を買って、プレゼント付きのメールを出してみたりしました。
子どもは子どもでエレキギターを犬のジョンさんにもらいました。
村メロをポルノの「ジョバイロ」にしたので、エレキギターが「ジョバイロ」を演奏するようになりました。
ホホホ!(^O^)

明日はポルノのDVDが届きます。
こどもの勉強にならないじゃあないですか。
今年のツアーはどういう風になるのか、スポンサーとしてははなはだ気になるところです。チケット申し込みやTシャツの購入だの、一生懸命貝拾いをしたり魚を釣ったりしないとなりません。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-27 21:30 | その日暮し | Comments(0)

シンデレラ・コンプレックス

今日も今日とて、掃除と洗濯であります。
また冬休みの続きで、ぬいぐるみさんたちも洗って干しました。また子どもの卒園した幼稚園にお届けしようと思っています。

シンデレラの話で学生時代を思い出しました。
シンデレラ~サンドリヨン~灰かぶり姫
いわゆるシンデレラストーリーとシャルル・ペローの再話とグリム兄弟が編集した昔話と言うのは、十分に比較文学の対象です。と言うわけで、仏文で合宿があったのでした。
もちろん、もっとフランス語に苦労していなければそれなりのテキストが適当なのかもしれませんが、昔話と言うのは結構解釈が難しいのです。それにラシーヌでなくてもペローで十分古文でございました。
(海外で日本語を学ぶ外国人が、日本人は皆、源氏物語と大江健三郎と村上春樹を読んでいると誤解している事を聞いても、そりゃ無い話だと思うでしょう。そんなものであります。)
教授は東大系のユング派ですからそちらで盛り上がるのはお約束。(お断りするのは比較文学は学会が東大系と早稲田系に分かれてしまうからです。と習ったからです。)
昔話と言うのはかなり強烈で、実はグリム兄弟は編集するに当たり、残酷な描写をそこそこに抑えています。それでも人間はかなり残酷な動物であるというのは十分に伝わり、「焼けた鉄の靴をはいて死ぬまで踊り続けました。」などは抑えた表現です。
マフィアが生きている誰かの足をコンクリート漬けにして乾くころを見計らって海に投げ込みました。と言うのとどっこいの感じですよ。
ペローになるとそれ以上におしゃれで口当たりの良い物に変えています。

継子いじめと言うのはひどいことですが、実の親がとは書けないのでということがかなり裏にあったりします。
シンデレラをいじめたのが継母と義理の姉たちにしても、それをとめない父親は馬鹿というか虐待ほう助罪というのか、いわゆるネグレクトに当たります。
そこにスポットは当たりません。ひたすら女のほうが悪いのです。女は罪深いものという原罪の強調なのでしょうか。
シンデレラは魔女の魔法で王子様の舞踏会に行ってガラスの靴を置いてきてしまいますが、その靴にお姉さんたちは足の大きさを合わせるべく足を切って靴のサイズに合わせようとします。
男社会の要求に体のサイズを合わせるのです。
靴は自立の象徴(中国の纏足を思い出してください。)です。足を小さくして自立もしなければ、コルセットで強調されるウエストの細さと胸の大きさ(母性)のアンバランスで摂食障害です。

ユング派ではなくフェミニストの立場ですと、若桑みどりさんの読みやすい新書があります。
お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 ちくま新書
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480061150/503-9432123-3839122

ディズニーの伝記によると、どういうわけだったか忘れましたが、彼自身が実母との葛藤があり、白雪姫の魔女など太母(グレートマザー)の負の側面にがんがん現れているのだそうです。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-26 22:29 | 暴力 | Comments(0)

洗濯疲れ

今日は朝冷え込んだものの日中は良いお天気だったので、洗濯三昧でした。
子どもの学校関係をブラシと重曹で白くしたり、洗濯してはアイロンかけの繰り返し。
時々、どうぶつの森休みを入れますが、明日たぬきちのお店が改築でお休みとなるとせっせと魚釣りや買い拾いをしてローンを返しました。コレではあまりやすみにはならないです。
子どもはあまりローンを返すことには重きを置いていないようなので、なんとなくやきもきしてせこせこと返します。
塾の先生がどうぶつの森を親子でやっているようなので、行ったついでにすれ違い通信をしてくれば一挙両得であります。

来週水曜日はレディースデーなので子どもと映画を見てこようと思っています。
これまた、2本立てで安上がりにしようと言う・・・私が高校生まで東北で映画を見ていたころはロードショーは2本だてでした。
東京の大学生になってロードショーが1本なのには、いくら学生協で上映中の映画の前売り券を買っていくにしてもつらかったです。池袋が近かったので、池袋文芸座にはずいぶん通いました。
そういえば、弟が劇団に所属していたときの劇団の写真集で、弟が今はない文芸座のチケット売り場でかがんでいる写真には驚いたものでした。

頭の中を一回洗濯したいなあと年度末なので思います。
美容雑誌をぼおっと眺めていれば、肌の手入れは命がけ。スパだかリゾートホテルでのんびりしたいです。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-25 22:36 | その日暮し | Comments(0)

立場の違い

☆1:朝酒は迎え酒ともいわれ、離脱の不快解消のタメ飲酒する。
朝5時自動販売機は功績大。
周囲との摩擦を生じ出すと、隠れ酒が始まる。
コンビニはノーベル賞もの。
ここまできたらとまらない、がぶ飲み、運転、TPO関係ない。
この時期が一番楽しい。
その先は地獄へと、連続・山型・ブラックアウト。
まあ、この辺りは地獄より天国だったと後になって気付く。

☆彡:2コレが依存症者の普段の行動です。
迎え酒は二日酔いに良く効くようです。
この間も上司に本当は二日酔いで休むのに、「風邪だと言え。」と殴られました。
そのことをお医者さんに言ったら、「共依存です。奥さんが後始末するから本人が飲むのをやめられないのです。奥さんが飲ませているのと同じですよ。」
踏んだり蹴ったりです。
アルコール問題の市民団体に電話相談したら、「ご本人もお医者さんも勘違いしてますよ。」と言ってくれました。
電話を切ったあとで、涙がとめどなく流れてしまいました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆2問題ある言動。
患者に付き添って、診察中にすぐ口を出す妻。
本人の言いなりになり、薬や洗濯物の世話をしる。
夫が飲酒状態では、静かにしているが、素面だと攻撃する妻。
感情的な対応しか返せなかったり、ガミガミしか言えない妻。

☆彡2ごめんなさい、でも他にしようがないのです。
酔っ払っているときは殴る蹴るのしほうだい。
飲み屋や酒屋のつけだけならまだしも、わけのわからない借金、毎日のような午前様の帰宅用のタクシー代・・・忘れ物はし放題ですが、忘れさせるようなものを持たせるほうがいけないと散々です。
飲酒状態では怖くて物が言えません。
言っても聞いてくれません。
お医者さんには、しらふのときに言いなさいといわれました。
「酔っ払っているときは何を言っても無駄です。」
でも、しらふのときにあれこれ言うと、「お前は俺に酒を飲んでほしいのか!」とののしられます。
それに、ブラックアウトと言うそうですが、飲んでいるときの記憶がないので、「お前はうそばかり言う。」とまた殴られます。
この間は、流しでおしっこされました。子どもが泣いていました。でも本人は覚えていないから「お前たちがうそを言っている。」と怒りました。
消防団のホースをどこかにやってしまったそうで、団長さんが家まで飛んできました。
やっぱりいつものように、本人は覚えていません。
しばらくしたら、行きつけのスナックから「お金を持っていないで飲まれたのだが、お金をもって来る証文代わりに消防ホースをおいていかれた。お金は払ってもらえればいいから、とにかくホースを取りに着てほしい。邪魔で困る。」と電話がかかってきました。
飲んでいても飲んでいなくても本人には結局聞く耳はないのですね。
耳はめがねをかけるための物のようです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆3内臓器官障害のみに目を向けがちになり節酒指導をしてしまう。
内科医がアルコール依存症と告げない事は、絶好の否認の助けとなる。
説教、嫌味、叱り、で事態を悪化したら、最後には治療戦略としてではなく「怒りで突き放し」を告げる。
結果、患者は次の医者を求めてさまよう。

☆彡3最初から正直に自分の飲酒量をお医者さんにいうご本人はどのぐらいいるでしょうか。
だからお医者さんにも嫌われるのです。
コレで病院は何軒目ですか。
最初から「お酒は毎日一升以上飲みます。」と言えばいいのに言わないから、お医者さんに「どうして肝機能が悪いのかわからない、糖尿病のコントロールができないのは奥さんの食事作りに問題があるのでは?」と言われました。
そんなことありません。
一生懸命に栄養士さんに言われたように食事を作っています。
「でもこんなもの食えるか!」とお皿を投げられるのです。
子どもには近くの病院は恥ずかしくていやだと言われて面倒でも少し離れた病院を探しているのに、行く病院がなくなって、もう同じ市内じゃないですか。
待合室であったPTAの人に「おじいちゃんが悪いの?」と聞かれて思わず、「そうなんです。薬をもらいにきましたと。」ととっさのうそをついてしまいました。
お酒の問題のある人と暮らしていると、本人のようにうそをつくのがうまくなります。
悲しいです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ストレスがたまって、カリカリしている自分がいやなたま猫です。
コレでは病気の人いじめです。
でも、DVの世界では、夫の行動は犯罪であるとなってしまいます。
ACのたま猫は間でアワアワしてしまいます。
修行が足りません。
それにしてもACの割りに妻の立場は熟知しているのは現在そうだと言うより(飲まなくなってから結婚したからオットォ!(・o・ノ)ノ~の飲んでいるところは知らない。)、長女だったので妻の立場代行だったからです。
一人で断酒会の実況中継みたいだ。
(多分本当の断酒会では、奥方たちはここまでは言いません。言えるのにはご夫婦共に!?断酒歴四捨五入で2桁必要です。)
ったくもう!
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-25 20:19 | アディクション | Comments(2)

いつまでも親の悪口をいっているAC

自分の家族に依存症の人がいるというのは、どうしてもありがちないイメージに引きずられてなかなか難しいです。
アルコール依存症の人はみんながみんな、離婚して仕事もないどうしようもないダメ親父で、バカボンのパパがもっとひどくなったような感じばかりではありません。バカボンの作家は依存症本人ですけれどね。
中上健二もお酒で焼け死にましたし、太宰治も坂口安吾も(薬のほうがひどかったかもしれません。)開高健も病気でした。
浮気癖を恋愛依存ととるのか、不倫と言うDVにいれるかで違うかもしれませんが、どっちも賛美してしまう渡辺淳一がもっとも病気は重そうです。吉行淳之介も奥さんをほおっておいて愛人の経営するねむの木学園に印税をかなり出しました。ねむの木学園が良いとか悪いとかは思いませんが、赤字の大半は彼の印税で埋めたと聞きます。吉行氏の奥方がそのことで悩まれて、ずいぶん私の友人のお母さんに相談していたそうでした。
そうそう、開高健の娘さんも鉄道自殺だか事故だかで亡くなったのでした。彼女の出したアリスのお料理の本を買ったりしていたので、どうしてしまったんだろうと思ったことがあります。
カフカ賞を取った村上春樹続きで作家の名前ばかり続いてしまいましたが、作家は小説で評価されるのであってパトグラフィー(病跡学)はともかくでありますが、気合の入った病気の人がそろっているので、調べてみるとびっくりかもしれません。

吉行氏の話をつい書いてしまうのは、私の父が愛人には金を使い私たち子どもや妻に十分な生活費や学費を出さなかったのと重なって、すごくいやなんだと思います。嫌いといったほうが正確ですね。
c0011446_18483018.jpg
前置きのほうがずいぶん長くなってしまいました。
とにかく、いがいに自分の身の回りに依存症の人はたくさんいます。
病気だと思っていないだけです。
何が依存症なのか私たちに情報はそうそうありません。
HIVや性病と同じで、結果病気の人はこんなにひどいことになっているという脅かしが多くて、このぐらいはまだまだ違うだろうと考えたいとたいていの人には思わせ、もしかしてと思う人にはもう戻る道がないような状況にまで悪化してしまっている病気なので、カゼや水虫のように誰でもなれる病気だと言うことを予防教育で徹底して欲しいです。

家族に病気の人がいると言うか、DVの加害者がいると言うのかともかく、そういう家庭で育つのは子どもたちにとっては緊張度が高い生活を強いられることになります。

親子が逆転するということは、子どもにとって とてもつらいことです。
子どもが親の愚痴を聞いたり、感情の捌け口になったり、カウンセラーになったりします。
一番困るのは、子どもは被害者なのに、自分が被害者だと考えられません。
何回も書いたことですが、隣の家の子が、ニュースで報道された子が自分と同じ目にあっていたら、それはひどい、なんて親だというと思うのです。
でも自分のことはそう思えない。
ACは何でも親のせいにするということはありません。
親のしたことは親が責任取ってくださいと返すだけです。
親が子どものことである程度のことで苦労するのは当たり前です。依存症の借金を返すことが親の仕事だとは思いませんが、できる範囲内の学費の面倒などは当たり前でしょう。それなりに手塩にかけないと子どもは自立できません。恩を着せるようなことをするなら、しなければ良いだけのことです。
親が自分にとって害悪であったというのは、親の立場より子どもの立場のほうがつらいです。
残念ながら、病気でそういう親子関係になってしまったということです。
親子が愛していないとか憎いからとかと言うこととは関係ありません。
愛していても病気になって面倒なことになるだけです。
ま、赤の他人が愛もなく病気になって面倒なことになったほうが、気が楽なものです。

親が自分の人生に重荷であった。そのおかげでどうにも生きにくいということを、言えそうで言えないのがACです。
親ではなくて自分が悪いと いつまでもくよくよしているのが大方のACの実態です。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-24 23:52 | AC | Comments(0)

焼肉どうでしょう。

今日は子どもの終業式だったので、外食に行きました。
久しぶりに焼肉屋に行ったのですが、サービスが低下していていささかがっくりして帰ってきました。
照明は暗いし、ジャズが流れて気ぜわしいし、お肉は来ないし、お皿もこない。
焼きお握りを頼んだらおしょうゆと刷毛が来るのですが、おしょうゆの入れ物は空・・・
アルバイトさんたちがオンザジョブトレーニングは仕方ないのですが、それにしても・・・
家でツルヤの(長野県が誇るスーパーマーケット!)お肉を焼いて食べているほうが安くて安全でおいしいというのでは、涙が出そうです。
地元の住人の行かない軽井沢のお店みたいなところがどんどん増えていくばっかりです。

隣の席にカップルが座りました。
男の子は子どもに言わせると「ホスト。」
お会計をして帰ろうと思い靴を履こうとしたら、彼の靴がありました。
靴のかかとをはきつぶしている上に、元は白かったようですが、ねずみ色というかなんというか・・・
我が家は靴が汚い人は却下するので、削除されました。
女の子はピチピチのミニスカートでしたが、オットォ!(・o・ノ)ノ~が「見てあげるのが礼儀だ。」と始まり、目線がしっかりスカートのすそを追っていました。
これまたオットォ!(・o・ノ)ノ~を削除であります。

オットォ!(・o・ノ)ノ~の出た県内の公立校でも、卒業する3年生たちが教科書はもちろん、辞書を置き土産においていったり捨てていったりするそうだと聞きました。
確かに電子辞書は便利です。でも紙の辞書と電子辞書と使い分けして欲しいです。
面倒くさがらずにかわいがってやってください。
[PR]
by office-nekonote | 2006-03-24 22:47 | その日暮し | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42
のえりん様、人格障害でも..
by office-nekonote at 22:06

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧