<   2010年 03月 ( 81 )   > この月の画像一覧

-

c0011446_20261247.jpg

c0011446_20262881.jpg

[PR]
by office-nekonote | 2010-03-31 16:52 | 発達障碍 | Comments(0)

-

c0011446_20245646.jpg

c0011446_2025872.jpg

[PR]
by office-nekonote | 2010-03-31 12:51 | 発達障碍 | Comments(2)

コメントのレス

次郎さん、こんにちにゃ。
>基本的には同意だけど、「断たれてしまう」より「断たれてしまっている」の方がしっくり来ます。断たれてしまっているのは、基本周囲との絆を作るための基本(親子、もっというと母子の絆)が作られていないのが原因じゃないかと。

実はそこのところを書こうと思ったのですが、今回は無名で失礼しますさんの返答にはいらないと思って書きませんでした。
自分もACだと始まっては元も子もありませんから。

私もスコットのセミナーで回復の説明や板書を見て、だって、ACは歩くための手足がもともとなかったり、あっても親に折られた上に治療してもらえなくて、というようなことばかりじゃないかと思ったのです。
それでも回復は自分の責任なのです。

依存症の方々の多くはACで被虐待児です。
被虐待児とは車が水に浸かってしまった状態だと 杉山登志朗先生はおっしゃっています。
それを水の中から何とか出して乾かして使っても普通に動かないのは当たり前。
アルコールなどを入れてみると何とか動くような気がすると言うわけで、アルコールが燃料に。
それではますます具合が悪くなるのですが。
もともと車が正常に作られてあったかはともかく、水に浸かってしまえば元はどうであれ壊れた車でしかありません。


ただ、依存症になる人たちは、ACだけの人より仕事をして家庭ももってと言う人が(一昔前は)多かったような気がします。
親父は酒も飲んで、仕事をして、結婚もして俺達を育てて、愛人も作り・・・と言うような人たちね。
そのお子様であるACは、おかげさまで仕事はできないし、異性とは付き合えないし、ひきこもってさあ・・・
ACミーティングに参加するACの男性はいまいちですが、女性は有能な人が多いような気がします。
それも共依存で何とかしなきゃと言う人が多いのかもしれませんが、男性は去勢されたような感じなんだなあ。
たぶん、男性性は父親が持っていってしまったのでしょう。
いやあ、すみません、次郎さんのことじゃないって、信じてケロ。

たとえ話が上手くなれば、教祖様になれるでケロ。
[PR]
by office-nekonote | 2010-03-30 18:02 | アディクション | Comments(10)

葛西賢太電子ネットワークにおける『本当の自分』探しについて

c0011446_17444722.jpg

電子ネットワークにおける『本当の自分』探しについて ComputerMediated Reflexivity 出現の背景と意義
http://www.circam.jp/report/getPDF.php?id=4
[PR]
by office-nekonote | 2010-03-30 17:46 | アディクション | Comments(0)

葛西賢太「文化資源としての語り」

宗教情報センター
2010年3月1日 依存症と回復の研究
葛西賢太「文化資源としての語り」
 現在広く問題になっているアルコール依存症という病気は、本人の意志の弱さ、道徳的な欠陥であると誤解されることが多いです。しかし、このことは一般には十分に理解されていません。著者はこれを、アルコール依存症という病気についての本人の主観的体験が理解されにくいという「認識論的問題」であると捉えます。
 アルコール依存症という病気にかかると、どんな体験をするのか。家族や友人や同僚に迷惑をかけるだけでなく、時に自分の命を危険にさらしても飲んでしまうアルコール依存症は、本人にはどのように体験されているのか。これを、歴史上はじめて体験談としてまとまった形で読めるようにしたのが、米国の断酒相互扶助団体Alcoholics Anonymousであったと、著者は指摘します。
 関東学院大学での著者講演の論文化です。
『キリスト教と文化』6,関東学院大学キリスト教と文化研究所、2009年。

http://megalodon.jp/2010-0330-1643-15/www.circam.jp/report/getPDF.php?id=55
[PR]
by office-nekonote | 2010-03-30 17:45 | アディクション | Comments(0)

コメントのレス

http://chatterie.exblog.jp/14035898/のコメントのレス

無名で失礼します、ケロタン次郎 さん、こんにちにゃ。

>タグの使い方が分からず御迷惑かけます。
エキサイトのブログのコメント欄に URLを書いても直接リンクできないようになっています。
こちらこそ失礼しました。

>【定義:霊的な病気】
自分の意思に反した行動を繰り返し繰り返しとってしまう状態
>米国からやってきたリカバリーのAAメンバーの神父が
>アル中さんが酒を止めたいと思ったとき、自分が霊的な病気(意思=酒をやめたい、実際の行動=酒をやめる事が出来ない)であるのが発覚
次郎さんの解釈でよろしいかと思います。
AAメンバーの神父様のお話はとてもわかりやすいおはなしです。
φ(.. )メモシテオコウ
私はお酒をやめるのに文化人類学的考察は(中学生のときの愛読書が『探検と冒険 朝日講座 全8巻』だった私としては個人的には)興味はありますが、脇においておいてよろしいのではないかと。

どんなに断酒のための高邁な主義思想をネットで探し出しても、それを読んで悩むのでは意味がないのです。
悩みたいから悩んでいるだけで、悩むことに逃避して 肝心の問題を忘れています。

無名で失礼しますさんは、断酒歴が3月20日現在で「3年3ヶ月と2日」であれば、今日で「3年3ヶ月と12日」ですね。
これからもこの日にちを一日でも長くしていただきたいです。
毎日毎日飲まないために日々意思を強く持って努力なさっているのだと思います。
それがこの日にちに出ています。
だって、断酒会やAAに出ていれば 酒をやめたり会に初めて参加した日を1日目にして(どこかのブログにありましたが交通事故で入院してお酒を飲めなくなった日を1日目にした人がいましたが、これは論外。)数えて行きますが、最初は1日、7日、十数日・・・3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月・・・1年と何ヶ月、あともう少しで2年、3年とちょっと、さらに5年ぐらいたてば年数だけの公表になります。
これって、子どもの誕生日の数え方みたいで、生後何日、何週間、何ヶ月・・・1歳を過ぎれば1年何ヶ月、3歳を過ぎれば大体年数のみで成長を言うようになるのと感覚的には同じではないでしょうか。
それを3年以上飲んでいないのに、一日一日カウントしているのですから、ご本人の力の入れ具合と家族の緊張はとても大変なんだと思うのです。
それでもどちらも「飲んでいるよりましなはず。」というところで歯を食いしばっている感じ。

何の世界でも新しい世界に飛び込めば、新人は頭を下げなければなりません。
頭の下げ方を知らない発達障害の人やまだまだお酒を飲み足りない人(両方同列に扱っているような書き方で変ですが扱ってませんからね。)ならいざ知らず、新人は頭を下げて先輩に教えてもらうと言うことができない人たちには会に参加するのはすごく嫌なことだと思います。
一昔前、新聞記者や学校の先生が 年をとってから必要に迫られて自動車の免許を取らなければならず 自動車教習所に通うのですが、教官とけんかをしてしまうので取れないと言う話を聞いたことがあります。
(実際、作家の椎名誠も何回かけんかをして取り損なっています。最後は何とかとりましたが。)
退職後、学校の先生や警察官は仕事を探してもなかなか続かないと言う話もあります。
この二つは頭を下げることができなくなっている人のたとえです。

ネットであれこれ検索して悩まず、お近くの断酒会やAAに参加しなおされたらいかがでしょうか。
それから、会に参加しているのは保険です。
家族も周囲も会に参加しているのならと安心してくれます。
会に参加しても飲む人は飲みますが、それはそれで、会長さんたちが家族にそういう病気なんですよと説明してくれます。
そしてまた通っていらっしゃいと言ってくれます。
ネット上の断酒は正直、やめようとしているのが何年なのか、ほんとうに飲んでいないのが何年なのかわかりません。
お酒以外の問題ももっている人たちがほとんどですが、リアルの自助グループに通っていればほかの問題も自然とあぶりだされてきます。
でも、ネット上だけだと「かくありたい自分」であるので、ほかの事は消えてしまうのです。

霊的な病気と言うものは私が思うのには、周りとのつながりが断たれてしまうことだと思います。
お酒を飲んで人とのかかわりが断たれてしまう。
「やりたくないことをしてしまい」人との関わりを切ってしまう。
家族とも、会社とも、地域とも、ボランティア先とも・・・一切合財断たれてしまう病気なのだと思います。
そして自分の心や体とも関係が切れてしまいます。
教育カウンセラーの研修会の事例で「人と繋がる力を育む」事が最大目標のお子さんの話がありました。
アルコールで痛んでしまった人たちはまさにそのような状態なのだとおもいます。
飲まない日々を重ねて一人ではなく、同じ病気の人たちと差さえあって(これが今までできなかった)会の中でできなかったことができるようになって、少しずつ周りと和解していくうちに 何とかいろいろなことが再びできるようになってくる。
失ったものは失ったものとして受け入れ、ほかのもので代用したり、なければないですごせるようになる。
お酒を飲まなくなって、普通の人のレベルに戻れると言うわけです。
(「普通の人」ってどんな人だって突っ込まないでね。)
このそういう行動の変化の毎日を回復そのものと言うのだと思います。
[PR]
by office-nekonote | 2010-03-30 16:08 | アディクション | Comments(2)

コメントのレス

http://chatterie.exblog.jp/14031098/のコメントのレスです。

無名で失礼しますさん、非公開コメントさん、レオさん、こんにちにゃ。
お待たせしました。
熱のためいつもよりわかりにくい文章になってしまいそうでごめんなさい。
m(_^. .^_)m ぺこ

>実は70才になったらまた飲み始めようかなと考えています。
正直なのはよいとしても、こう言われる方々はまたすぐに飲んでしまわれますよ。
と言うか、飲みたくて仕方がないのですから、とりあえず今は我慢しているだけ。
それでは回りが「回復なんかしていない。」と言ってしまうわけです。
ドライドランクがひどいのではないのでしょうか。

>同じ年代のプロゴルファーの石川遼のその顔に比べて野球児達は何と幼い事か。
集団で行うスポーツと 大人に混じって行う個人のスポーツでは、参加する選手の雰囲気が異なっても不思議はないでしょう。
たぶん、己が頼りの石川選手にご自分のお子様を重ねていらっしゃるのかと思いましたが、逆にいえば子ども時代がないので大人びてしまったのでしょう。
人には年齢相応と言う言葉がありますが、ACは子どものうちは老けて(大人びて)見られ、だんだん成人するに従って若く(子どもっぽく)見られるようになります。
それは 子ども時代に親が果たさなければならなかった責任を負わされたがゆえに 子ども時代は大人びて見え、子どものときに大人のモデルに会うことができず(学校の先生などで代理をしてもらってはいますが)ままごとのお父さんお母さんのレベルで大人になっているため 大人の行動や責任の取り方を知らないので 子どもっぽく見えてしまうのです。
ACは子ども時代が剥奪された子ども達の総称でもあります。
子ども時代を存分に楽しみ 親や周囲の人に甘えるだけ甘えることができた人ほど、自立ができます。
「愛着」と言う問題はとても大きいのです。

ちなみに「自分がACなんだ。」とお付き合いをするときに交際相手に言わなければならないのは ほんとうに恐怖なので、似たような境遇の人を探してきます。
もしくはばれそうになる前に分かれるとか。
自分がACであるということは、「親に問題がある=アル中である」と言うことです。
自分だけでも苦労なのに、自分もアル中になるかもしれない可能性も含めて、親の面倒を見てもらうようなときに 相手にもこの苦労を負わせるのか、と考えるのはほんとうに嫌です。

>家内の回復も身守らねば。
この状態では、まずはご自分のことだけで精一杯だと思いますよ。

>本当にそれが消えたとき、少なくなったときACの問題も含めて(一部?)回復というのかな?
それにこだわる必要がなくなれば、こだわらなくなります。
いろんなことに対して、怒りが不足しているのではないでしょうか。
「わかってくれよ」と言われても、「はい、わかりました。」とは行かない問題なのですが、「私はつらいんだ。」と言う言い方をすれば、「ああ、つらいのか。」とは思ってくれると思います。
あまり強く言うと相手が引くので「話をしなければ良かった。」と思われるのかもしれませんが、相手は相手なので あなたのような立場になってもつらいと思うかどうかは別問題です。
あなたが思うように相手が同じ思いになるかどうかはわかりません。
でも「大変なことがあって 今も悩んでいるのか。それはつらいし とても苦しいだろうなあ。」と思ってもらえる話し方と言うものはあります。
相手が引くのがわかるので 話をしなければしないでフラストレーションがたまるのであれば、話し方に工夫をして、上手な怒り方を覚えるとよいのではないかと思います。
[PR]
by office-nekonote | 2010-03-30 15:19 | アディクション | Comments(0)

猫の霍乱

c0011446_14171666.jpg
c0011446_14174015.jpg

http://megalodon.jp/2010-0330-1813-14/www.kyuchan.co.jp/k_on_takuan/index.html

日曜日の夜、ずっと風邪気味でしたが入浴指導のためにお風呂に入りました。
結果、昨日今日と 発熱と鼻水とのどがはれて物が飲み込めないのでお休みです。
昨日は病院で抗生剤の注射をしてもらい、寝ていました。
今日は4月からの定期券と御礼用のお菓子を買いに駅前まで行ったのですが、定期券はJRのように新規は2週間前から買えず、当日か前の日だけなのだそうです。
ネットで予約とかできるようにして欲しいものだし。
そもそも、そういうことは定期券売り場にでかでかと看板を出すとか、ネットに書いておくなどして欲しいです。
売り場のお姉さんの頭の悪さと、対応の悪さにぶちきれました。
売り場のお姉さんの頭の悪さと、対応の悪さに頭にきました。
窓口だからって化粧が濃ければいいというわけではないでしょう。
(これはさすがに言ってません。)
熱が上がったような気がします。
orz

帰り道、バス停の近くのレコード屋さんもといCD屋さんによって、子ども達の好きなHey! Say! Jump!のシールを買いましたが、レジのところに沢庵があったのでつい買ってしまいました。
『けいおん!』を私は知らないのですが、若い人たちには人気があるのでしょう。
さすがに沢庵を子ども達とのお別れのプレゼントには持っていけないので、私が写真にとった後は食べるつもりです。

そうそう、今まで通勤に自宅から駅まで歩き、その後汽車に乗って降車駅から職場までまた歩くと言うことで、往復8キロ歩いていました。
今度からは通勤方法は変わりませんが、歩く距離が往復2.5キロに減ってしまいます。
施設の広さも格段に違うので、運動量がまるっきり少なくなります。
気の使い方は今度のほうが大変そうですが、だからと言ってそれが歩いた量には換算はできないので、どうしたらいいものやら。
リバウンドが怖いにゃあ、~(=^‥^A アセアセ・・・
[PR]
by office-nekonote | 2010-03-30 14:25 | その日暮し | Comments(4)

桜クローネ

c0011446_21121190.jpg

http://megalodon.jp/2010-0328-2113-38/www.hachinoya.co.jp/product/seasonal/seasonal.html
お友達が同窓会で自由が丘にお出かけしたお土産です。
(人-)謝謝(-人)謝謝
[PR]
by office-nekonote | 2010-03-28 21:14 | ねこまんま | Comments(0)

夫をうとましく思う妻の心がわかる本

c0011446_20331878.jpg

夫をうとましく思う妻の心がわかる本 (こころライブラリーイラスト版)

題名 夫をうとましく思う妻の心がわかる本 (こころライブラリーイラスト版)
著者 柏木 惠子 (監修)
出版社 講談社
価格  1,365円
出版日 2007年8月28日
内容説明
妻の8割は、「夫がストレス」症候群!?
 熟年離婚を希望するのは、ほとんどが女性。なぜ、妻と夫の心はすれ違い、夫といるだけでイライラするのか?
その心理を徹底分析し、イラストでわかりやすく解説!

[PR]
by office-nekonote | 2010-03-28 20:38 | | Comments(2)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
二郎の日記
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42
のえりん様、人格障害でも..
by office-nekonote at 22:06
パンタタさん、こんにちは..
by office-nekonote at 16:08
こんなん見つけました。w..
by パンタタ☮ at 12:10

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧