大河ドラマ

それから、娘がなんとNHKの大河ドラマを見ると騒ぐので これも見ました。
 お正月に大河ドラマの第一回を見るのって 何年振りでしょうか。というか、テレビドラマ自身、家庭教師をするようになってからほとんど見られません。
 何で娘が騒いだかというと、「武蔵」だからです。 
 吉川英治の小説ではなく、井上雄彦の「バガボンド」を読んでいるからです。
 で、ドラマを見ながら娘が言ったのは、「漫画の方が良く出来ている。米倉涼子ちゃんも内山里奈ちゃんも可愛いけど、役にあってない。漫画の方がリアル。」
 それに 主役の武蔵君は目ばっかり剥いていて、目力で勝負ですか。マスカラのCMじゃあるまいし。
 たしかに、井上さんの漫画は上手いからなあ。それにココの所、娘は映画三昧だから、テレビのドラマはちょっとチャッチク見えてしまうわなあ。
 中学生のころ、「時をかける少女」や「楡家の人々」など 一生懸命 見ていた思い出があります。今のテレビドラマはワンクールが10回前後ぐらいなのかな。あっという間に終っていて、いつのときのドラマという記念になるような物がないような感じです。電車に乗っていて若い人たちの昨日見た番組の話を聞いていても、使い捨ての感じでふうん・・・というぐらいにしか聞こえないのは、私の年のせいだけでもない感じです。
 NHKも中学生の娘に、漫画の方が良い何て言われるようでは、さてさて・・・
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-06 23:35 | その日暮し | Comments(0)

「初恋のきた道」

というビデオを昨晩見ました。
 中国映画です。
 お父さんが亡くなったので、息子が田舎に帰ってきて、自分の両親の馴れ初めを思うという映画です。
 お母さんが18歳、お父さん20歳・・・1958年という設定ですが、お母さん役の女優さんが可愛い!(グリーンディスティニーにも出ている。若いときの大竹しのぶに似ている。)
 お下げ髪がつやつやしていて、一途な感じが良く出ている。
 きのこ餃子を入れたお椀が割れたり、其れを接いだり、無くした髪留めをさがしたり・・・すごくリアルだった。
 昨年見た「山の郵便配達」も良かったな。

 中国というと、父が私が小学生の時、北京大学に留学したりして、家の中が真っ赤だったり(毛沢東主義ね。)、おかげで日本共産党から除名されたり、(モスクワでなくて北京を取ったから。)、大学生の時は、母が5年間日本語教師で 中国の大学の先生になってしまったり・・・で、生活に色々影響があった国なので、複雑な思いで見ている国です。
 映画で、こういう感じのもの(直球勝負の親子/夫婦のもの)を見るとなんだか ほっとします。
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-06 23:35 | 映画・美術 | Comments(0)

法人申請しました。

法人申請しました。

 昨年12月27日に一回申請に行っているのですが、年度の修正等しまして、お正月開け再度行ってまいりました。
 バンザ~~~イ!!!
 春先、1人でやればよかった、と思ってももう仕方ない。 予定より半年遅くなりましたが、それはそれ。
 理事・監事の皆様、長らくお待たせいたしましたが、これからもよろしくお願いします。
 お仲間の皆様も色々ありがとうございました。
 これに懲りず、よろしくお付き合いくださいませ。

 ところで、事務所のパソコンも、自宅のパソコンも、オアシス君の文書が嫌いらしく、なんともはや・・・
 ワードちゃんで修正したものなら、何とかなるのですが、今度はちゃんとCDに焼け付けられるのでしょうか。 正直、心配です。
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-06 23:34 | その日暮し | Comments(0)

初夢

初夢を見ました。
 県内でアディクション・フォーラムを開いた夢です。

 かえるの運転するオートバイの後ろにノーヘルで乗って、怪しそうな古いアパートの入り口に行きました。
 中はこれまた古めの公民館。
 入れば、アディクション.フォーラム。
 全部セッティングされていて、何とか始まりましたが、私のネームプレートだけが決まりません。CAPのネームプレートはもうつけているのですが、今回の主催者というか準備係というか、ネームプレートが決まらない。
 それでも、ACだけで100人前後参加です。
 参加費は1人2000円。講演会はなし。
 これからどうしたもんだ、というところで夢はお終い。
 かえるは アパートの入り口で 何処ぞに消えてしまいました。
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-05 23:36 | その日暮し | Comments(0)

眠い眠い。

仕事をボツボツ始めようとしているのですが、体が動きません。
 あれやこれや持ち帰ってきたのですが、ぜんぜん進んでいないや。
 本も積読です。
 頭も体も眠い眠い。
 風邪薬のせいかなあ。
 といいながら、ビデオ屋さんに行って「初恋のきた道」、「サイダーハウスルール」を借りてきました。
 昨日見た「黒猫・白猫」は生きが良くておかしかったです。
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-04 23:36 | その日暮し | Comments(0)

風邪が治りません。

ずっと年末からカエル風邪を引いています。鼻水、発熱、喉の痛み、気管支炎と総ざらいです。
 慣れないホームページ作りなんかして夜中まで起きているのも、いけませんね。
 今日は、午前中寝ていて、午後少し書類作りをしました。年賀状を頂いた方に返信もしました。夕方本屋でワードでのチラシ作りの本を買いました。
 ご飯は何とか食べられますが(どころか正月太りです)、まだまだ仕事に燃えようという調子が戻りません。 やっぱりお布団が恋しいよ・・・(*_*)
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-03 23:37 | その日暮し | Comments(0)

初詣

初詣に善光寺まで行ってきました。
 長野に住んでからは、ずっと善光寺に行っています。
 善光寺は広々としていていいですね。
 一応耶蘇教徒なのですが、ま、いいか。
 おみくじは末吉。招き猫のお守り付きでした。
 駅前のデパートで、ピングーやセサミのキャラクターの福袋を買って娘はご満悦。
 洋服の福袋には、カエル色のど緑のジャンパーが入っていました。どうせっちゅうねん!(-_-メ)

 ともかく、めでたさも中位なり、であります。
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-02 23:38 | その日暮し | Comments(0)

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
 今年はどんな年になるかな。
 とにかく、やりたい事をどんどんやれる年にしたいです。
 今年もよろしくお願いします。 m(__)m たま猫
[PR]
# by office-nekonote | 2003-01-01 23:38 | その日暮し | Comments(0)

携帯用HPも工事中

もう少しで、今年もおしまいですが、携帯用のHPも工事中です。
 来年も皆様にとって良い年になりますように!
[PR]
# by office-nekonote | 2002-12-31 22:49 | その日暮し | Comments(0)

今日も工事中

今日も工事中ですが、時間がないので、ページを増やしただけでお終いです。
 問題は内容です・・・たま猫
[PR]
# by office-nekonote | 2002-12-30 22:51 | その日暮し | Comments(0)

今日も工事中

今日も工事中ですが、時間がないので、ページを増やしただけでお終いです。
問題は内容です・・・
[PR]
# by office-nekonote | 2002-12-30 20:59 | その日暮し | Comments(0)

癒しのエンパワメント―性虐待からの回復ガイド

題名  癒しのエンパワメント―性虐待からの回復ガイド

著者 森田ゆり   

出版社 築地書館

価格 税込み2,100円

出版日 2002年2月

はじめに:この本を手にしたあなたへ
癒しとは全体性の回復
    現代人の不安
    外的自然と内的自然
1、癒しのビルディング・ブロックス;7層の出会い
「沈黙をやぶって」以降
男性サバイバー
     癒しとは出会っていこと
2、安心の保障
安心の幻想
癒しに必要な7つの具体的安心
危機をやりすごす方法
♪ワーク:安心の記憶の宝箱をつくる
♪ワーク:グラウンディング、シーリング、クレンジングなどの安心テクニック
3、エンパワメント
ネルソン・マンデラの呼びかけ
外的抑圧
内的抑圧
抑圧の方向を変える
♪ワーク:あなたの外的抑圧と内的抑圧は
4、記憶に出会う
サバイバーの詩: あなたどんな色?
思い出し方は千差万別
自分を信じる
最初の危機を乗り越える
蘇った記憶への攻撃
セラピストの役割再確認
記憶の境界線
♪ワーク:癒しのノートブックを作る
    ♪ワーク:コンテナーに記憶を収める

5、語れる人に出会う
沈黙をやぶる
語ることへの恐れ
旅のはじまり
爆弾で粉々にしてやりたい
怒りの諸相
喪失のリスト
喪失を悲しむ儀式
死の5段階説と性虐待の癒し
自分を許す
♪ワーク:喪失のビン
6、内なる家族に出会う
内なる子ども
イメージ催眠セラピー
7つのエンパワメント
言えなかったことを言う
内なる子どもとの対話
男性サバイバーの内なる子ども
幸福な子ども
内なる子どもを日常生活に生かす
内なる子どもを救出する
内なる家族のメンバー
内なる親、内なる恋人、裁判官、シニシスト、反抗者、老賢人、動物、
内なる女神、
内なるスピリチュアル・ガイド
♪ワーク:お話し作り
7、仲間に出会う
詩: この指とまれ
サバイバーのグループ
グループの形態
サバイバー文化の創造へ
8、加害者に出会う 10p
出会いの方法
境界線
加害者との出会いに必要な準備
明らかにしておく7項目
実際の対面が出来ない場合
サバイバーの証言「一度だけの強制猥褻」
守ってくれなかった親と出会う
家族との和解以前に自分と和解する
♪ワーク:境界線を知る

9、今を生きる自分に出会う
ボディトーク
ソマティック・アプローチ(身体から)
内なる家族会議
回復の指標
小さな成果を祝う
夢を語る
未来セルフ
セクシュアリティ
♪ワーク:回復の指標

10、いのちの讃歌
未知の自分に出会う
シンボルとセレモニー
クラムボン
♪ワーク:合掌して祈る
[PR]
# by office-nekonote | 2002-02-01 00:00 | | Comments(0)

20:59:57 携帯用HPも工事中

もう少しで、今年もおしまいですが、携帯用のHPも工事中です。
来年も皆様にとって良い年になりますように!
[PR]
# by office-nekonote | 2001-12-31 20:59 | その日暮し | Comments(0)

<子どもの虐待を考える>

題名 <子どもの虐待を考える>

著者 玉井邦夫  

出版社 講談社現代新書

価格 税込み714円 

出版日 2001年9月

第1章 これは虐待なのか?そうではないのか?
第2章 虐待を受けた子どもたち
第3章 虐待に追いつめられる親たち
第4章 虐待をどのように通報すべきか
第5章 虐待にどのように対応するか
第6章 発達障害をもつ子どもと虐待
終章 あなたがあなただから愛しい
[PR]
# by office-nekonote | 2001-09-01 00:00 | | Comments(0)

ドメスティック・バイオレンス―愛が暴力に変わるとき  

題名 ドメスティック・バイオレンス―愛が暴力に変わるとき   
  
著者 森田ゆり 
 
出版社 小学館

価格 1,575円  

出版日 2001年7月

はじめに
1章 ドメスティック・バイオレンスとは何か
  公衆衛生の問題
  DVの定義
  はじめて出会ったバタードウーマン
  日本のバタードウーマン
  2章 暴力の恐ろしい魔力
    新潟での9年間監禁事件から
    学習性無力感
    第三者の援助介入が不可欠

  3章  DVをはかるチェックリスト
  チェックリスト
  被害者たち
  加害者のプロフィール
  4章   エンパワメントと人権
  虐待は急増しているのではない
  人権を心のレベルで考える
  38億年の生命の尊厳
  DVは人権(心の力)を打ち砕く
  5章   なぜ彼女は彼のもとにとどまるのか
   ロールプレイ
  虐待のサイクル
  6章   暴力のサイクルを回し続ける力
    パワーとコントロール
    共依存?
    加害者の使うコントロールの諸相
    平等の輪
  7章   なぜ彼らは愛する人を殴るのか
  たとえばあなたが知人からこんな話を聞いたら?
  ストレスはDVの原因ではない
  被害者の性格や言動がDVの原因ではない
  酒や薬物がDVの原因ではない
  怒りがDVの原因ではない
  では何がDVの原因なのか
  8章  暴力を振るう男性達を支え続ける社会
  暴力を選んでいる
  性差別社会:DVを容認し存続させる要因
  暴力のサイクルをまわす原動力とは

  9章   子どもたちに及ぼす影響
  忘れられた被害者たち
  児童虐待死事件の背後に隠れていた凄惨なスタンバーグ事件
  人種差別問題にすりかえられたOJシンプソン事件
  被害の三形態
  被害の兆候
  発達別の影響
  子ども虐待とDVとを同時に考える
  10章 被害者への援助
  三つの異なった立場による援助の方法
  危機介入以前
  危機介入およびその後の継続的援助
  被害者の心のケア・カウンセリング
  援助者としての姿勢とスキル
  特に気をつけること
  11章 加害者の回復
  メンズワークのパイオニア
  三つの異なった立場による援助の方法
  身近な友人知人として
  危機介入とその後にかかわるものとして
  長期のリハビリテーションの提供者として
  
  加害者への対応のガイド
  加害者回復プログラムの基準
  12章 アルコール依存症とドメスティックバイオレンス
  飲酒は暴力の原因ではない
  アルコール依存とDVとの共通要素と異質要素
  DVの被害者でアルコール依存者

  13章 DV防止・保護法
  「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」の成立
  星の数ほどシェルターを

  14章 新しい世代への期待
  ティーンエイジャーへの影響
  テート・レイプ
  恋が暴力に変わるとき
  レイプ容認文化
  10代の若者への期待
  行動の選択肢を考える

  巻末資料:
「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」
「児童虐待の防止などに関する法律」
[PR]
# by office-nekonote | 2001-07-01 00:00 | | Comments(0)

子どもの生きづらさと親子関係  

題名 子どもの生きづらさと親子関係  
  
著者 信田さよ子   

出版社 大月書店

価格 税込み1,365円 

出版日 2001年6月

1 少年事件と家庭内暴力(動機不明の少年事件
問題を関係としてとらえる視点
「少年の心の闇」など存在しない ほか)
2 愛情という名の支配(親子観を変えたアダルト・チルドレン
アダルト・チルドレンという言葉はどのようにして生まれたか
「人間関係障害」としてのアルコール依存症 ほか)
3 支配しない親子関係を(子どもに「貸し」をつくらない
支配する関係からどれくらい自由か
家庭が調教と訓練の場に ほか)
[PR]
# by office-nekonote | 2001-06-01 00:00 | | Comments(0)

子どものトラウマ

題名 子どものトラウマ   

著者 西澤哲   

出版社 講談社現代新書

価格 税込み714円 

出版日 1997年10月

第1章 子どもの虐待を考える
第2章 トラウマとしての虐待
第3章 虐待のトラウマと子ども
第4章 子どもを傷つけてしまう親たち―虐待を生じるトラウマ
第5章 トラウマが癒えるということ
[PR]
# by office-nekonote | 2001-01-01 00:00 | | Comments(0)

沈黙をやぶって―子ども時代に性暴力を受けた女性たちの証言 心を癒す教本(ヒーリングマニュアル)  

題名 沈黙をやぶって―子ども時代に性暴力を受けた女性たちの証言 心を癒す教本(ヒーリングマニュアル)  

著者 森田 ゆり 
 
出版社 築地書館

価格 税込み2,100円

出版日 1992年11月

1 近親からの性的暴力
2 知人からの性的暴力
3 見知らぬ者からの性的暴力
4 沈黙をやぶってその後―心を癒す教本
[PR]
# by office-nekonote | 2001-01-01 00:00 | | Comments(0)

多様性トレーニング・ガイド―人権啓発参加型学習の理論と実践 

題名 多様性トレーニング・ガイド―人権啓発参加型学習の理論と実践 
  
著者 森田 ゆり   

出版社 部落解放人権研究所

価格 税込み3,780円

出版日 2000年11月
[PR]
# by office-nekonote | 2001-01-01 00:00 | | Comments(0)

子どもと暴力  

題名 子どもと暴力   
 
著者 森田ゆり 
 
出版社 岩波書店

価格 1,800円

出版日 1998年8月

はじめに
1  こころとからだの不思議
   暴力を受ける子、暴力をふるう子
   暴力を再考する
   暴力性と攻撃性
   心的外傷をもたらす暴力
   脳の研究:理性と情動の相互伝達
   子どもたちとの対話1.暴力を考える
2 人権という名の心のちから
    二種類の権利
    人権をこころのレベルで考える
    子どもの人権意識を育てるために
    人権派は子どもをだめにしたか
3、エンパワメントと自尊の心
    A君の場合
    エンパワメントとは何か
    外的抑圧
    内的抑圧
    自尊の心
   子どもたちとの対話 2 「否定的な独り言」の掃除
4   性差別社会は暴力を生む
   暴力加害者としての男性
   男らしさの幻想が生む暴力
   らしさのジェンダー論を越えて
   自我の確立の性差
   男たちによる暴力防止の取り組み
   子どもたちとの対話 3 中学生との対話
5  体罰の6つの過ち
   体罰は子ども差別社会のバロメーター
   体罰なつかし
   6つもある体罰の問題性
6  性虐待のほんとうの残酷さ
   爆弾で粉々にしてやりたい
   虐待の影響
   性虐待の実態
   男子への性虐待
7  ホンネを語る性虐待加害者たち
   加害者のプロフィール
   加害者はどのように子どもをだますのか
   防止教育の必要
8  ホモセクシュアリティーへの攻撃
   性暴力とセクシュアリティーの混同
   ホモフォビア(同性愛への恐れと嫌悪)
   ティーンズのセクシュアリティー
   歴史の中では
   ロールモデルの必要
  子どもたちとの対話 4:同性愛に関する質疑応答
9  ヒトラーに惹かれる少年たち
  2つのタイプ
  シンボルの威力
  子ども時代の屈辱と喪失
  ロールモデルと儀式
10 子どもたちのエンパワメント
   安心と自立
   レジリアンシー(弾力性)
   虐待サイクルからの回復
   問題解決力を育てる
   子どもたちとの対話 5:I(わたし)メッセージ
11 思春期の子どもたちQ &A
[PR]
# by office-nekonote | 2001-01-01 00:00 | | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

上岡はるえは依存性の女性..
by 上岡はるえに疑問 at 03:11
これはこれは長先生、先生..
by office-nekonote at 23:17
このたびはARASHIを..
by 長徹二 at 04:55
これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧