タグ:薬物依存症 ( 60 ) タグの人気記事

めばさまご光臨!

c0011446_18243307.jpg
c0011446_18245091.jpg

[PR]
by office-nekonote | 2017-01-30 18:23 | | Comments(0)

依存症は病気です 田代まさし・田口ランディ・近藤恒夫・月乃光司

依存症は病気です 田代まさし・田口ランディ・近藤恒夫・月乃光司 (2015.4.11)
~三人の依存症者によるメッセージ~ 田代まさし×近藤恒夫×月乃光司 特別ゲスト:田口ランディ(作家)
https://www.youtube.com/attribution_link?a=Ypmo-9sLHJY&u=%2Fwatch%3Fv%3DKs5X9kWmFyg%26feature%3Dshare
[PR]
by office-nekonote | 2015-05-11 00:14 | アディクション | Comments(0)

ジョニデ、生放送で泥酔&放送禁止用語の大失態!途中で映像も差し替えられる

c0011446_22272566.jpg

ジョニデ、生放送で泥酔&放送禁止用語の大失態!途中で映像も差し替えられる
2014年11月17日 12時19分
現地時間14日に開催された第18回ハリウッド・フィルム・アワードの授賞式で、ハリウッド・ドキュメンタリー賞のプレゼンターを務めたジョニー・デップが、泥酔状態でスピーチに臨み、放送禁止用語を発するハプニングがあった。同賞はCBS局により生放送もされていたため、アメリカ中にこの失態は知れわたってしまったようだ。

 ジョニーは、ステージに現れたときからすでにふらふら状態。「こんな変なマイク、生まれて初めて見た」と話し始めたジョニーに観客も最初は笑っていたものの、常に揺れて、ろれつも回らない彼の姿には引き気味に。今年、ハリウッド・ドキュメンタリー賞を受賞した映画『スーパーメンシュ:ザ・レジェンド・オブ・シェップ・ゴードン(原題) / Supermensch: The Legend of Shep Gordon』の主人公である名マネージャーでプロデューサーのシェップ・ゴードンも、ジョニーのスピーチに徐々に苦笑いから真顔に変わっていく様子が中継用のカメラで収められている。

 そのままスピーチは続けられていたものの、ついにはジョニーの口から、放送禁止用語まで飛び出す始末。その失態にジョニーもすぐに手で口を覆い、しまったという表情を浮かべたものの、これ以上手に負えないと判断したテレビ局スタッフにより、別映像が差し込まれ、スピーチはカットされた。

 これを見た人々からは、「みっともない」「ジョニー・デップの映画賞のスピーチでハラハラするなんて思ってもいなかった」という批判が相次いでいるほか、「ジョニーって酔っぱらうと本当にジャック・スパロウ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジョニーの役)みたいになるんだね」という声も上がっているようだ。(編集部・井本早紀)

http://www.cinematoday.jp/page/N0068226
魚拓
http://megalodon.jp/2014-1117-2223-20/www.cinematoday.jp/page/N0068226
YOUTUBE
https://www.youtube.com/watch?v=7CBsBvT_D3E
[PR]
by office-nekonote | 2014-11-17 22:30 | アディクション | Comments(0)

<厚労省>脱薬物依存を支援…全国で治療プログラム導入へ

c0011446_19115443.png

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000056-mai-soci
魚拓
http://megalodon.jp/2014-0922-1908-23/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000056-mai-soci
<厚労省>脱薬物依存を支援…全国で治療プログラム導入へ

毎日新聞 9月21日(日)21時47分配信
<厚労省>脱薬物依存を支援…全国で治療プログラム導入へ

プログラムの内容

 危険ドラッグが原因の暴走運転が相次ぐなど薬物乱用問題が深刻化していることを受け、厚生労働省は薬物依存症からの回復に効果がある「認知行動療法」に基づく再乱用防止プログラムを全国すべての精神保健福祉センターに一斉導入する方針を決めた。2015年度予算の概算要求に専門職員の人件費や研修費約1億4000万円を盛り込んだ。

日本の薬物行政はこれまで違法薬物の取り締まりという司法分野に重点が置かれ、依存症という病気の側面を重視した治療・回復支援策は遅れてきた。今回の施策が実現すれば薬物乱用対策の大きな転換となる。

 精神保健福祉センターは、都道府県と政令市に1カ所(東京都は3カ所)ずつ設置され、全国に69カ所ある。薬物やアルコールの依存症相談も業務の一つで、最近では危険ドラッグの相談も急増している。依存症からの回復を支援する地域の拠点として期待されているが、現在、再乱用防止プログラムを実施するセンターは11カ所しかない。

 プログラムは、平易なワークブックを使い▽薬物やアルコールへの依存がなぜ危険なのか▽再び使ってしまう「引き金」は何か▽どうすれば再使用の欲求を断ち切れるか--などを集団で学ぶ。

 厚労省によると、各センターが提供するプログラムは16回の講義で1回のコースが修了するワークブックを使う。1回2時間の講義を週2回実施。各センターで年間3~6コースの開催を想定している。薬物とアルコールの依存症者が対象で、センターへの相談者らに参加を促す。1回のコースの受講者は10~15人。

 実施に向けての課題は、専門知識を持ち、講義を行える人材が不足している点だ。このため、各センターが医師や臨床心理士、精神保健福祉士などの専門職を1人、プログラム担当の非常勤職員として採用し、国立精神・神経医療研究センター(東京都)などが実施している認知行動療法の研修を受講してもらう。非常勤職員1人分の年間人件費約300万円の半額を同省が助成する。

 同省精神・障害保健課は「危険ドラッグの乱用など薬物依存症の問題は待ったなしの状態。回復プログラムを普及させ、依存症の支援体制を整備する必要があると判断した」としている。【江刺正嘉】

[PR]
by office-nekonote | 2014-09-22 19:13 | アディクション | Comments(0)

フルタイムババア ライブへ行く

c0011446_117137.jpg
c0011446_1174357.jpg

ただいまNAのリージョナルコンベンション中です。
http://najapan.org/jrcna/
昨日、仕事があるので、昼間は参加できないフルタイムババアたま猫は、夜のバンドライブのみ参加。
生まれて始めて夜の六本木を歩きました。
そもそも六本木には美術館に行くために数回しか来たことがありませんので、ドキドキです。
ライブハウスだって江古田のマーキー以来。この時は寺山修二と長谷川和彦の対談でした。
ですので始めてだらけ、回りNAメンバーばかり・・・緊張しっぱなし。
でも皆様配慮の仕方が素晴しい、正直AAのラウンドアップのほうがだれているのではないかと思うぐらいでした。
ステップはさておき(ここはNA厳しいことがありそう)、単純明快に「しらふは最高だぜ」と言い切れるAAメンバーがどれくらいいるのかしら。
右肩が50肩のためいろいろつらいことがありましたが、楽しかったです。

今夜は子猫のお誘いで、K-POPのライブに行きます。
明日は後藤恵先生の動機付け面接法(1日)の後、森川すいめい先生のスタチャプロジェクトに参加予定。
連日夜遊びの妻なので家人はむ~ん・・・としております。ダーリン、ごんめんなさいっちゃ♪。
[PR]
by office-nekonote | 2014-08-23 11:19 | アディクション | Comments(0)

「まん延をどう防ぐ ~高まる危険ドラッグの脅威~」

7/30のクローズアップ現代は、「まん延をどう防ぐ ~高まる危険ドラッグの脅威~」です。

7月30日(水)NHK総合 19:00~19:56  
(番組趣旨より)
先月24日に池袋の繁華街で8人が死傷。今月5日には北区で3人が怪我…。今、危険ドラッグを使用した結果、車を暴走させ、市民を巻き込む事故が急増している。去年、国は危険ドラッグ規制の決め手として、有害な薬物1300種類以上に広く法の網をかける「包括規制」を始めた。しかし、その効果はあまり出ていないばかりか、皮肉にも、規制が強化されることで、さらに複雑な構造を持つ危険なドラッグが次々と開発されているのが現実だ。中毒者の治療にあたる医師は、「未知の化学物質が次々と生まれ、もはや対応できない」と危機感を募らせている。番組は、新たなフェーズに入った危険ドラッグまん延の実態を描くとともに、国がさらなる規制強化に乗り出そうとしている中、どんな対策が求められるかを考える。

http://megalodon.jp/2014-0729-2337-46/www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/193952.html
[PR]
by office-nekonote | 2014-07-29 23:40 | お勧め催し物 | Comments(0)

ASKA被告、保釈後は薬物更生施設入りか? ダルク潜入リポート-

ASKA被告、保釈後は薬物更生施設入りか? ダルク潜入リポート
東京ブレイキングニュース(2014年7月3日10時00分)
・・・前略・・・ダルク(DARC)とは、ドラッグ(DRUG=薬物)、アディクション(ADDICTION=嗜癖、病的依存)、リハビリテーション(Rihabilitation=回復)、センター(CENTER=施設、建物)の頭文字を組み合わせた造語で、覚せい剤や有機溶剤(シンナー等)、市販薬、その他の薬物から解放されるためのプログラムを持つ民間の薬物依存症リハビリ施設だ。週に数回、日本全国どこかでミーティングと称したグループセミナーを行っている。もちろん、ダルクは一般の飛び込み参加も可能だ。つい先日、都内某所で行われた薬物ミーティングに参加したので、その状況をリポートしたい。・・・中略・・・

会場内では麻薬中毒者同士の情報交換が始まってしまった。ダルクの運営者には薬物の経験者が多いと言われている。特別な意味はないだろうが、そのような会話が盛り上がっていようと、なにもおとがめ無しだった。

 ASKA被告には禁断症状が出ていることも一部で報道されている。保釈後は専門病院への入院も選択肢に入るが、マスコミの騒ぎを嫌われて受け入れ拒否に合う可能性が高い。では、噂されるダルクへの入所で薬物から抜けれるのだろうか。もちろん、ダルクで薬物を絶つことができた人も多くいるだろう。しかし、ダルクを有意義と感じている人間ばかりでないのも現実だった。ASKA被告の保釈後の動向に注目が集まっている。

Written by 西郷正興

http://news.infoseek.co.jp/article/knuckles_1522
魚拓
http://megalodon.jp/2014-0709-1229-24/news.infoseek.co.jp/article/knuckles_1522
http://megalodon.jp/2014-0709-1231-34/news.infoseek.co.jp/article/knuckles_1522?p=2

薬物依存症者は普通の人でなくて、ダルクの存在意義も怪しいというネガティブキャンペーンのようなこういう記事を書いて、社会に何か良いことがあるのだろうか。
しかも署名入り。
いつものことだと思って もやっぱり腹が立つことは腹がたつのだ。
[PR]
by office-nekonote | 2014-07-09 12:42 | アディクション | Comments(1)

処方薬依存症  深刻さ医師は自覚を

c0011446_8112931.jpg

[PR]
by office-nekonote | 2014-02-08 08:11 | アディクション | Comments(2)

少年院:「脱薬物」指導を強化 実施施設倍増へ

少年院:「脱薬物」指導を強化 実施施設倍増へ
毎日新聞 2013年09月21日 
法務省は来年度から、違法薬物からの離脱指導プログラムを専門的に行う少年院を現在の4施設から8施設に増やす方針を固めた。同省は2011年の調査で、薬物非行により少年院に収容された若者のうち78%が、出院後に再び薬物を使用している実態を把握。プログラムの実施施設を倍増し、薬物離脱指導の強化を進める。

 現在の実施施設は、茨城、群馬県に各1、香川県に2。このうち茨城県茨城町の少年院「水府学院」がプログラムの取材に応じた。

 参加者は覚醒剤や大麻、脱法ハーブなどへの依存状況が深刻な17〜20歳の少年ら9人。東日本の7施設から集められた。水府学院で4カ月間共同生活しながら、心理療法を活用して作成されたテキストを使ってグループワークを繰り返し、薬物依存症の克服を目指す。

 この日のテーマは「薬物使用につながる行動を回避するスケジュールを立てる」。9人は寮の共有スペースで「ロの字」形に着席。2人の指導教官が分かれて少年らに交ざった。9人はいずれも丸坊主でTシャツかポロシャツ姿。5人が入れ墨をしていた。

 教官がプログラムの開始を告げ、少年らに薬物使用時の生活を尋ねた。「食事や睡眠が不規則」が3人。「薬中心の生活」が2人。さらに「30分おきに両腕に覚醒剤を打っていた」「薬をやっていた平日は全く寝ず、土日は48時間睡眠」など、依存度の深刻さをうかがわせる体験談が披露された。一方で、「仕事や格闘技の試合前、彼女といる時は使っていない」などの声も上がった。

 これに対し教官は「社会復帰後は薬物を使用しない、したくならないスケジュールで生活をすることが重要」と説明。カレンダーに「薬物を使用しなかった日」「薬物のことを考えなかった日」を示すシールを貼ることを提案し、一定期間、脱薬物を継続できた場合に「ご褒美」を自分に贈り、達成感を味わう方法を紹介した。

 この日のプログラムは約2時間で終了。少年らはいずれも積極的に体験を語り、次回までに、社会復帰後のスケジュール作成を宿題として課された。

 プログラムを担当した教官は「成人に比べて素直さの残る少年の段階で、効果的な離脱指導を行う意味は大きい。家族に対する指導も重要で、保護者にも別の専用テキストを渡して薬物依存症に対する理解を深めてもらっている」と話した。【伊藤一郎】

http://megalodon.jp/2013-0922-2215-17/mainichi.jp/select/news/20130921k0000e040215000c.html
[PR]
by office-nekonote | 2013-09-22 22:14 | アディクション | Comments(0)

CRAFT様御到着!

c0011446_011644.jpg

やっと御到着なさいました!!
[PR]
by office-nekonote | 2013-08-02 00:11 | | Comments(0)


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
世界が変わる わたしのお...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
二郎の日記
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

最新のコメント

これは私の替わりに行った..
by office-nekonote at 14:44
上岡はるえのことを冷静に..
by あきこ at 02:42
お返事大変遅くなってごめ..
by office-nekonote at 23:02
( ̄ω ̄)ブヒヒッヒブヒ..
by black-board at 22:26
メッセージありがとうござ..
by office-nekonote at 14:34
たま猫さんのブログを読ん..
by 匿名 at 19:27
丁寧に説明してくださって..
by office-nekonote at 12:14
説明不足があったので、再..
by tojikomorianony at 07:54
アディクションとは体も精..
by tojikomorianony at 01:20
こちらこそよろしくお願い..
by office-nekonote at 23:26
今年もよろしくご指導お願..
by アポ at 13:54
アスペの上に人格障害が重..
by office-nekonote at 23:42
のえりん様、人格障害でも..
by office-nekonote at 22:06
パンタタさん、こんにちは..
by office-nekonote at 16:08
こんなん見つけました。w..
by パンタタ☮ at 12:10

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧