ストレスから脳守るたんぱく質=うつ病治療で応用に期待―群馬大など

ストレスから脳守るたんぱく質=うつ病治療で応用に期待―群馬大など
2010年8月4日 06時13分 時事通信社
http://megalodon.jp/2010-0804-0930-11/www.excite.co.jp/News/society_g/20100804/Jiji_20100804X605.html



ストレスから脳守るたんぱく質=うつ病治療で応用に期待―群馬大など
2010年8月4日 06時13分 時事通信社
http://megalodon.jp/2010-0804-0930-11/www.excite.co.jp/News/society_g/20100804/Jiji_20100804X605.html
 脳内に豊富に存在するたんぱく質「SIRPα」が、ストレスから脳を守る機能を持っていることを群馬大、大阪大などの研究グループがマウスの実験で突き止め、4日付の米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに発表した。研究が進めば、うつ病やストレス性疾患などの治療で応用が期待できるという。

 SIRPαは神経細胞に突き刺さるように存在する分子。アンテナのような部分があり、別の神経細胞からの信号を受け取る役割を持つ。

 研究グループは、遺伝子操作でこのたんぱく質を無くしたマウスを強制的に水槽で泳がせ、ストレスを与え実験。水槽から逃げ出すのをあきらめ動かない状態を「うつ状態」とし、正常なマウスと遺伝子操作したマウスを比べると、うつ状態を示す無動時間は正常なマウスの方が2割程度短かった。

 実験後マウスの脳を調べたところ、SIRPαは別のたんぱく質と結合し、リン酸が加わるなど変化が生じていた。この変化が神経細胞に影響を与え、ストレスから脳を守っている可能性が高い。

 的崎尚群馬大客員教授(生化学)は「うつ病の原因はまだよく分かっていない。SIRPαの機能を詳しく調べることで、新たな治療薬の開発も期待される」としている。 

[PR]
by office-nekonote | 2010-08-04 09:28 | ジェンダー


たまちゃんの その日暮しの手帳


by office-nekonote

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
災害救助
うちの催し物
お勧め催し物
アディクション
AC
子どもたち
暴力
児童虐待
教育
発達障碍
メンタルヘルス
ジェンダー
CAP

映画・美術
その日暮し
政治経済
ねこまんま
ヘブンリー・ブルー2010
ヘブンリー・ブルー
ヘブンリー・ブルー2011
ゴーヤ2011
サブカルチャー
ネコマンガ
ほぼ今日のお言葉
DVの根絶のための掲示板の記録
虐待世代間連鎖の掲示板の記録
ねこまんま倶楽部の記録
貧困
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

ウラゲツ☆ブログ
NANO-GRAPH BURO
『心の家出』
のんびりのびのび
ばーさんがじーさんに作る食卓
Cream's Blog
私をひらく声のあげかた:...
毎日チクチク
AAセクシュアルマイノリティ
あるのすさび
アル中ララバイ
出会いの瞬 M...
猫の手通信・ニュースデータ
パンドラの希望を
marimo cafe
アルでHyde
アスペルガーな日常
アルでHydeの研究室
alNOVELS  遥か...
海王の散歩道
猫の手通信・お料理メモ
今日のスイーツ、なに?
猫の手通信・猫のカーテン
月の満ち欠け
猫つぐら家のごはん日記
子猫の手通信
おひるねTIMES
リカバリー・ダイナミクス...
実時間 (what's ...
SAFER

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧